M42・プラクチカマウントレンズ
プラクチカ コンタックス S ペンタックス SP

M42マウントは、東ドイツのプラクチカコンタックスSに採用されたマウントである。口径が42mm、ネジピッチが1mmのシンプルなスクリューマウントで、世界中に広がった。日本でもペンタックスが採用して、一挙に市場を席巻した。1948年に登場し、70年代までは、ライカマウントと並んで文字通りグローバルスタンダードであった。膨大なレンズ資産が世界中にあり、特にロシアや東欧圏諸国で作られたレンズは、性能に比べて価格が安く、オールドレンズファンには人気が高い。


ドイツのM42マウントレンズ

そもそもM42マウントは東ドイツで始まった。特にイエナのカールツアイスで生産されたコンタックスS用の優れた交換レンズ群が、世界中で好評を博し、瞬く間に世界標準となったのである。東西に分割されたツアイスだが、西ドイツ製に比べて、東ドイツのツアイスイエナ製は割安である。しかし、性能、品質共に西ドイツ製にひけをとらない。お買い得なレンズがたくさんあるのは嬉しい。

テッサー50mm F2.8
Tessar 50mm F2.8
金属鏡胴で重量は113g。
ネットオークションで13,500円。
テッサーを付けたG1
バランスがとてもいい。

東ドイツのツアイスイコン製コンタックスSの標準レンズ テッサー50mmF2.8だ。このレンズをG1に付けてびっくりした。非常にクリアーでピントが実に合わせやすい。金属鏡胴も高級感があるし、G1によく似合う。とにかく写真撮影がとても楽しい。昔から鷹の目と呼ばれてシャープさでは定評があるレンズだが、これほどとは思わなかった。これは間違いなく名玉である。
(クリックすると大きくなります。)
F5.6 1/80 100
歌舞伎座
F5.6 1/640 iso100
和光
3群4枚というシンプルな構成のゆえか、非常に抜けがよい描写だ。

F5.6 1/80 iso400
スズメ
F5.6 1/100 iso800
ハンガーバスケット
F4.0 1/800 iso400
すべり終わり
F4.0 1/500 iso400
お控えなすって!
公園で遊ぶ子供たち。ピントが合わせやすいのでスナップも楽しい。

F2.8 1/400 iso400
赤いバラ
F2.8 1/1000 iso400
ピンクのバラ
谷津バラ園の冬のバラ。解放でのボケ味は美しい。テッサーは赤色の発色が好評だが、たしかに独特の美しさだ。撮影していて本当に楽しくなるレンズだ。

F5.6 1/100 iso400 F8.0 1/50 iso400
質感の描写も素晴らしい。枯れ葉には暖かみを、採水管には金属の冷たさをしっかりと感じさせる。60年前のレンズとはとても思えない。さすがはカールツアイスだ。脱帽。

テッサー50mmF2.8は、戦前から作られその種類はかなり多い。このレンズはシルバーの金属鏡胴だが、ゼブラ仕様や黒鏡胴、東独製や西独製など多くの種類が市場に流通している。こんな謎を探っていくのもオールドレンズの楽しみなのだ。


Domiplan 50mm F2.8

マイヤー光学も東ドイツのゲルリッツにある光学メーカーである。後にペンタコングループとなるが、日本では駄メーヤーなどと呼ばれ、評価は高くない。3枚玉の安価なレンズを、エキザクタの普及版エクサなどに付けて輸出したのが響いた。このドミプラン50mmF2.8が、その悪評高きレンズである。中古価格は3千円から5千円程度で、格安価格で手に入る。

私のような素人には、それほどひどいレンズとは思われない。十分にシャープだし、よく言われる周辺光量落ちもそんなに感じない。私のような初心者にはこれで十分楽しめる。

ドミプラン50mm F2.8
絞りピンとアダプター
ネット通販で5千円。レンズの重量は130g。絞りピンを押し込まないと絞りが絞れない。アダプターは押しピンタイプが必要だ。
ドミプランとアダプター
ドミプランを付けたG1
ゼブラ模様の鏡胴がかっこいい。
とても5千円のレンズには見えない。バランスも良く撮影しやすい。
(クリックすると大きくなります。)
F5.6 1/1250 iso100
高圧鉄塔
F5.6 1/100 iso400
法華経寺
シャープとはいえないが、評判ほど甘くはない。3枚玉のためか抜けはむしろ良いように見える。ただし、フレアはかなり盛大に出るから、逆光気味の時は要注意だ。

F5.6 1/1000 iso400
バラ
F5.6 1/320 iso800
秋の公園
ボケ味も悪くない。駄メーイヤーなどとの悪評は可哀想だ。

F5.6 1/160 iso400
法華経寺のノラA
F5.6 1/200 iso400
法華経寺のノラB
ピントの山もつかみやすいし、スナップも気持ちよく撮れる。

F5.6 1/4000 iso800
幼子
F5.6 1/400 iso800
落ち葉と少年


ロシアのM42マウントレンズ

第2次世界大戦のあと、ソ連は東ドイツを占領、世界最大の光学メーカーであったカールツアイス社、その傘下のカメラメーカーツアイスイコン社を接収した。そしてその技術者と設備をソ連領に移動させ、光学機器の生産にあたらせた。従って旧ソ連のカメラやレンズは、名門ツアイスの技術を受け継いでいるというわけである。カメラはさすがに生産技術が伴わないので、故障しやすく評価は高くないが、レンズはツアイスのDNAを色濃く受け継ぎ、極めて優秀である。

その割には市場価格は割安で、コストパフォーマンスは非常に高い。庶民に手が届く価格で、高級レンズ並みの掘り出し物が手に入る。

ミール1B 37mm F2.8
ミール1B 37mm F2.8
非常に美しい良品だ。
ロシアVOMZ製のレンズである。
プリセット絞り。
LUMIX G1
ミールをつけたLUMIX G1。
精悍な感じになった。
7,800円は安い買い物だ。

このレンズは、1958年のブラッセルカメラショーでグランプリに輝いたレンズだそうだ。東独カールツアイスイエナのフレクトゴンの流れをくむレンズといわれている。しかし、このレンズ、非常にピントが合わせにくい。かなりのクセ玉である予感がする。使いこなしに時間がかかりそう。

VOMZは英語表記だとVologda optical-and-mechanical plant と表記される。ロシア北西部のボログダ市に、軍需工場として1971年に創業された総合光学機器メーカーである。

(クリックすると大きくなります。)
F4.0 1/4000 iso100
観覧車
F5.6 1/1600 iso100
法華経寺五重塔
上の2枚は無限遠に合わせているのだが、どうもピントが来ない。
MFアシストを使っても山がつかめない。老眼には辛いレンズだ。

F2.8 1/4000 iso100
バラ
最近接は70cm。
ちょっと物足りない。

F5.6 1/100 iso100

日だまりにマッタリといた。

F11 1/200 iso100 F11 1/160 iso100
子供2題
思い切ってF11に絞ってパンフォーカスで狙った。こういう使い方が良いかもしれない。


Industar50-2 50mm F3.5
インダスター50-2 50mm F3.5
LUMIX G1
旧ソ連KMZ製のパンケーキレンズ。小さくてなんとも可愛い。重量はわずか68gしかない。5,500円で入手した。

旧ソ連のクラスノゴルスク工場(KMZ)で製造されたレンズ。ツァイスの銘玉テッサーのコピーで、オモチャのような外見からは想像出来ないような写りを見せる。私の愛用レンズのひとつになりそうだ。
(クリックすると大きくなります。)
F3.5 1/3200 iso200 F5.6 1/2500 iso100
色がこってり乗って気持ちが良い。
F3.5 1/60 iso200 F3.5 1/125 iso200
ボケ味も悪くない。
F5.6 1/1600 iso100 F5.6 1/1600 iso200
非常にシャープで、撮っていて楽しいレンズだ。

HELIOS−44M 58mm F2
ヘリオス−44M 58mm F2
ヘリオスを付けたG1

 ヤフーオークションで5,900円で落札。重量は289g。ずっしりとしている。

ヘリオス−44Mは、ロシアのKMZが製造する一眼レフZENITの標準レンズである。1970年後半から80年代のレンズらしい。ピントの山がつかみやすく、写りも悪くない。見た目も高級感があり、描写も上品でクリアーだ。とても5,900円の安物とは思えない。
カールツアイスの名玉ビオターのコピーだというのだが、どうだろうか。
ZENIT−11
F2.0 1/2500 iso400
雨に濡れたオレンジ
F2.0 1/3200 iso400
落ち葉
解放でも十分にシャープだ。ボケ味も悪くない。これは使える。

F5.6 1/3200 iso400
しなを作る猫
F5.6 1/125 iso200
片眼で睨む猫
F5.6 1/1000 iso200
帝釈天で遊ぶ子供
F5.6 1/1250 iso200
日だまりの女の子
F5.6 1/1600 iso200
柴又帝釈天
F5.6 1/2000 iso200
和光の時計塔


INDUSTAR−61L/Z−MC 50mm F2.8

ボケがダビデの星といわれる六芒星になるので有名なレンズだ。モスクワ南西にあるルトカルノ光学(LZOS)製である。レンズには記載されていないが、30cm以上寄れるマクロレンズでもある。このレンズは国際ネットオークションのeBayで、55ドルで落札。ウズペキスタンのタシュケントから、はるばる送られてきた。

インダスター61L/Z 50mm F2.8

 5.6まで絞ると絞りの形状が六芒星になる。前玉はかなり奥に引っ込んでいて、フードは要らない。

黒鏡胴は丁寧な造りで、質感は高い。レンズ重量は208g。総重量は725gになる。
(クリックすると大きくなります。)
F5.6 1/2000 iso200
法華経寺の五重塔
F5.6 1/1000 iso200
和光の時計塔
無限遠は十分にシャープで、クリアーな描写だ。マルチコートが施されていて、色乗りも美しい。5千円のレンズにはとても見えない。
F5.61/4000 iso400
インコ
クセのない素直な描写をする。発色も良い。ピントは合わせやすい方ではないが。
F5.6 1/400 iso400
眠りネコ
F2.8 1/640 iso100
ひなたぼっこ
F5.6 1/420 iso400
冬のサザンカ
F2.8 1/200 iso100
ネコの顔
マクロとはうたっていないが30cmまで寄れる。立派なマクロレンズだ。

F5.6 1/50 iso200 F8.0 1/160 iso800
ダビデの星
点光源をぼかすとダビデの星が現れる。これを嫌う人がいるが、これはこれで面白い。

日本のM42マウントレンズ

日本ではアサヒペンタックスがM42マウントを採用した。「望遠だよ、望遠だよ、ワイドだよ」というコマーシャルで大人気を博した。中古市場には多くのタクマーレンズが出回っている。価格も超割安で、ほとんどジャンク並みで手に入る。

Super TAKUMAR 35mm F2
Super TAKUMAR 35mm/F2
ジャンクで見つけた。
1000円だった。
前玉はかなり曇っている。240g。
LUMIX G1
タクマー35mmとG1。
よく似合っている。

スーパータクマー35mmF2は1963年に発売された大口径レンズだが、このレンズは1967年に、よりコンパクトに設計変更された2代目である。この2代目は経年変化に弱く、硝材が変色しやすいといわれている。若干黄味が勝つが秋にはぴったりかもしれない。

(クリックすると大きくなります。)
F5.6 1/800 iso100
無限遠
F4.0 1/2500 iso100
枯れ葉

このレンズはかなり汚れていて、表面の油膜がとれない。しかし、写りはそれほど悪くない。
絞り込むと非常にシャープになる。

F5.6 1/400 iso100
遊園地
F5.6 1/20 iso100
プレーリードッグ
F2.8 1/640 iso100
バラ
F2.8 1/320 iso100
バラ
最近接距離は40cm。ボケ味も悪くない。ジャンクと言って侮れない。

F5.6 1/125 iso100
バラ園にて
F8.0 1/100 iso100
噴水
F8.0 1/250 iso400
秋の子供
F8.0 1/160 iso400
仲良し
秋の日に公園で子供たちを撮った。F8に絞るとほぼパンフォーカスになる。スナップにも適している。

Super TAKUMAR 55mm F1.8
Super-Takumar 55mm/F1.8
中野のフジヤカメラで1,000円で
手に入れたジャンク品だ。201g。
LUMIX G1
小型のレンズだから、G1によく似合う。

タクマー55mmF1.8は、ペンタックスの初代から標準レンズとして開発され、その後も光学系の基本設計は受け継ぎながら、コーティングなどを進化させ、以後50年以上にわたって作り続けられた旭光学の自信作で、息の長いモデルである。

このスーパータクマーは1964年発売のペンタックスSPに付けられた標準レンズで、中古市場には大量に出回っている。価格は格安だが、なかなかどうしてしっかりした描写力をみせる。お買い得レンズだ。

(クリックすると大きくなります)
F5.6 1/3200 iso100
高層ビル
F5.6 1/100 iso100
高圧鉄塔
アダプターの精度の問題で若干のオーバーインフだが、無限遠はシャープだ。

F8.0 1/60 iso800
採水口
F5.6 1/80 iso800
アカメモチ
採水口の金属、アカメモチの植物、それぞれの質感が良く出ている。

F5.6 1/320 iso800
オシャレな車
F8.0 1/160 iso800
自販機
こちらは赤色の微妙な違いを美しく描き分ける。

とても1000円のジャンク品とは思えない描写。発色も美しい。
これだからオールドレンズあさりは止められない。掘り出し物を見つける楽しさがある。

Supar TAKUMAR 150mm F4
スーパータクマー150mm F4
中野のフジヤカメラで2,100円。
328gと大変軽い。
150mmレンズとして
ペンFのズイコー150mmより軽い
のだ。
ルミックスG1
軽い300mmは嬉しい。
カメラに付けても892gにしか
ならない。

小型で軽いので大変使いやすい。300mmの画角が気軽に扱える。
(クリックすると大きくなります。)
F4.0 1/3200 iso100
高圧鉄塔
F8.0 1/2000 iso200
上昇中のJAL
F4.0 i/1000 iso800
ヘラオオバコ
F5.6 1/2500 iso800
トンボ
F4.0 1/1000 iso800
カキツバタ
F4.0 1/2000 iso800
なんという花だろう?


マイクロフォーサーズでオールドレンズを楽しむ(まず初めにご覧下さい)
ライカM ライカL ペンF オリンパスOM ペンタックスK ペンタックス110 M42・プラクチカ
Cマウント ミノルタSR ニコンF ニコンS・Contax キャノンFD エクサクタ デッケル ゼニット

ルミックスGF1を5倍楽しむ法 妖しいカメラの物語 35mmカメラの世界史

クラシックカメラの物語 私の履歴書へ 国府物語へ