ニコンのワイコンで遊ぶ
Nikon ワイドコンバーターアタッチメント
NH-WM75
重量は189g。
ポケットに入れても苦にならない。
LUMIX G1
ニコンのワイコンを付けたLumix 14-45。
総重量は841g。
旅カメラにちょうど良い。

ニコンの通販サイトNikonDirectにワイドコンバーターアタッチメントNH-WM75が紹介されている。一眼レフ用のワイコンだ。径が52mmとあるから、G1のキットレンズにも付くだろうと、購入した。マイクロフォーサーズ用の広角レンズは、パナソニックからLumix7−14がリリースされているが、10万円を上回り、庶民にはおいそれと手が出せない。嬉しいことにこのワイコンは1万円を切る庶民価格だ。ニコンサイトだけの限定販売だが、焦点距離が0.75になるので、14mmは10mmとなり非常に魅力的である。

東京都庁界隈(2009.08.12)

台風9号が去って、久しぶりの晴天だ。標準ズーム14−45にニコンのワイコンを付けて、
新宿の東京都庁を狙いに出かけた。

(クリックすると大きくなります。)
LUMIX G VARIO 14-45 NH−WM75を付けて
F7.1 1/320 iso100 F7.1 1/320 iso100
東京都議会棟を標準ズームとワイコン付きで狙った。フルサイズ換算で28mmと21mmの
画角の差はいかがなものであろう。

ワイコンを付けて45階の展望台に登る。これはもう超広角の独壇場だ。
南東を望む 東側直下を俯瞰
F8.0 1/250 iso100 F7.1 1/400 iso100
中央奥に新宿御苑、
右手に明治神宮の森を望む。
手前にトップライトが印象的なNSビル、
KDDIビルとNTTドコモビルが
一直線上に並んでいる。
45階からの俯瞰。
すぐ下は議事堂棟、
その奥が京王プラザホテル、
左は住友の三角ビル、
その右が三井ビルだ。

水元公園で(2009.08.11)

このワイコンを付けると被写体にかなり近づくことが出来る。超広角らしいデフォルメされた
面白い作品をものにできる。
(クリックすると大きくなります。)
キクイモモドキ? キバナコスモス?
F10 1/640 iso400 F11 1/800 iso400

ヒマワリ

ガクアジサイ
F13 1/1250 iso400 F5.61/200 iso400

このワイコンはかなり優れものである。コントラストも十分だし、とても安物のアタッチメントとは
思えない写りを見せてくれる。標準ズーム用の遊び道具として、手元に置いても損はない。
ポケットにこのワイコンを入れて旅に出るのが楽しみだ。

巨大ガンダムを撮る(2009.08.13,15)

今年(2009年)はガンダムが名古屋に登場して30年。記念してお台場に18Mの巨大な
ガンダム像が現れた。
13日には家族で、15日にはひとりで出かけて、ガンダムをワイコン付きで狙ってみた。
(クリックすると大きくなります。)
朝日のガンダム 夕日のガンダム
F11 1/320 iso100 F3.5 1/100 iso800
F11 1/250 iso100 F3.5 1/80 iso800

久しぶりに童心に帰った気分。こういうイベントは良いですね。


神代植物園にて(2009.08.18)
(クリックすると大きくなります。)
F7.1 1/320 iso100
ポンポンダリア
F6.3 1/400 iso100
ムクゲかな?
F6.3 1/250 iso100 F6.3 1/250 iso100
スイレン2題
F8.0 1/400 iso100 F6.3 1/320 iso100
ひまわり2題

マイクロフォーサーズでオールドレンズを楽しむ(まず初めにご覧下さい)
ライカM ライカL ペンF オリンパスOM ペンタックスK ペンタックス110 M42・プラクチカ
Cマウント ミノルタSR ニコンF ニコンS・Contax キャノンFD エクサクタ デッケル ゼニット

ルミックスGF1を5倍楽しむ法 妖しいカメラの物語 35mmカメラの世界史

クラシックカメラの物語 私の履歴書へ 国府物語へ