ペンタックス110マウントレンズ

ペンタックス オート110は、1979年に発売された世界最小の一眼レフである。カートリッジに入った110(ワンテン)フイルムを使うのだが、小さくてもレンズ交換の出来る立派な一眼レフであるところが、ペンタックスという会社の面白いところだ。絞りがボディー側にあって、TTL測光で自動露出になるという非常に凝った機構を採用している。

ペンタックス オート110と交換レンズ

上の写真はLUMIX GF1ペンタックス オート110の大きさを比べた写真だ。小型で人気のGF1だが、ペンタックス110はその半分の大きさだ。重量はわずかに195gしかない。それなのに交換レンズは、18mm、24mm、50mm、70mmと20−40mmのズームレンズがリリースされていた。さらに、オートワインダーやストロボなども揃えた本格的なシステムカメラであった。

110フィルムは2009年9月富士フイルムが生産を打ち切ったので、今では在庫品を手に入れるしか方法がない。従ってこのカメラも市場価格は割安である。2010年の世界の中古カメラ市(銀座松屋)で、3本の交換レンズ込み1万5千円でゲットした。

PENTAX-110 50mm F2.8
RJ PTX 110-m4/3アダプター
muk selectで輸入販売をしている。
香港製で4,800円。
LUMIX GF1+PENTAX110 50mm
小型だからGFIによくフィットする。
レンズに絞りがないから常時F2.8解放だ。

この可愛いペンタックス110のレンズが、マイクロフォーサーズで楽しめる。こんなレア物でもアダプターが販売されているのだ。香港製らしいが、しっかりした作りのアダプターだ。

110の画面はマイクロフォーサーズとほぼ同じだ。従ってレンズの焦点距離を、35mmに換算すると2倍になる。つまりこの50mmレンズは、100mmの望遠レンズというわけだ。

(クリックすると大きくなります。)
F2.8 1/1600 iso100
中山法華経寺
F2.8 1/3200 iso100
銀座和光
F2.8 1/1250 iso100
中山大仏
F2.8 1/250 iso100
観音像
F2.8 1/2000 iso100 F2.8 1/2000 iso100
瞑想するネコ にらめっこ

PENTAX-110 24mm F2.8
PENTAX-110 24mm F2.8
最も小さい交換レンズ。
重量はわずか13g。
LUMIX GF1+PK110 24mm
豆粒のような24mmレンズ。
画角は50mm相当となる。

このちっちゃなレンズが、一人前の仕事をするからにくい。柔らかく、暖かい画像が得られる。
ペンタックスの技術屋が、「どんなもんだい」と胸を張っているような気がする。これが35mm換算で50mmの標準レンズとなる。
(クリックすると大きくなります。)
F2.8 1/1000 iso100
お!なんだ、なんだ
F2.8 1/2500 iso100
孤独なネコ
F2.8 1/2500 iso100
東武電車と工事現場
F2.8 1/2500 iso100
東京スカイツリー、ただいま303m
F2.8 1/4000 iso100
銀座和光
F2.8 1/200 iso800
人形 52万円だって

PENTAX-110 18mm F2.8
PENTAX-110 18mm F2.8 LUMIX GF1+PK110 18mm
24mmより大きいが、これも相当な
豆レンズだ。重量も27gと超軽量。
これで36mmの広角画角が得られる。
最近接距離は25cmと、かなり寄れる。

ほとんどパンフォーカスの世界だ。25cmと相当な近接撮影も可能だが、残念ながら、かなりうるさいリングボケが現れる。110の画面サイズはマイクロフォーサーズとほぼ同じだから、Cマウントレンズのように、広角で画面の4隅がケラれることはない。18mmでもご覧の通りだ。

(クリックすると大きくなります。)
F2.8 1/800 iso100 F2.8 1/640 iso100
縁の下のネコ あくびするネコ
F2.8 1/500 iso100 F2.8 1/1250 iso100
法華経寺 紅梅
F2.8 1/1600 iso100 F2.8 1/2000 iso100
中山大仏 法華経寺

クローズアップレンズを試す
ペンタックスオート110のレンズには、クローズアップレンズが用意されている。フィルターのようにレンズに付けるだけで、クローズアップが撮れる。標準レンズ(24mm)にはS31とS16が、広角レンズ(18mm)にはW21が、望遠レンズ(50mm)にはT86とT43が用意された。それぞれの数値は最短撮影距離を表している。

まずは、標準レンズにクローズアップレンズを付けて、マイクロフォーサーズ機で撮影してみた。広角や望遠にも付けてみたが、標準レンズよりも焦点深度が若干違うだけで、あまり有意差は感じられない。被写体が最も大きく写るのは、S16であった。

標準レンズのクローズアップ比較
24mm標準
最短撮影距離35cm)
24mm+S31
最短撮影距離31cm)
24mm+S16
最短撮影距離16cm)



望遠レンズにクローズアップレンズ 広角レンズにクローズアップレンズ
50mm+T86
最短撮影距離86cm)
50mm+T43
最短撮影距離43cm)
18mm+W21
最短撮影距離21cm)


マイクロフォーサーズでオールドレンズを楽しむ(まず初めにご覧下さい)
ライカM ライカL ペンF オリンパスOM ペンタックスK ペンタックス110 M42・プラクチカ
Cマウント ミノルタSR ニコンF ニコンS・Contax キャノンFD エクサクタ デッケル ゼニット

ルミックスGF1を5倍楽しむ法 妖しいカメラの物語 35mmカメラの世界史

クラシックカメラの物語 私の履歴書へ 国府物語へ