Panasonic Lumix GF1を 5倍楽しむ方法
1倍目まずは純正レンズで 2倍目パンケーキレンズの機能拡張 3倍目オリンパスペンFのレンズを付ける
4倍目あこがれのライカレンズ 5倍目ジャンクレンズの宝探し 番外編可愛いレンズ Cマウント

2009年9月、パナソニックからマイクロフォーサーズ規格第3弾として、Lumix GF1が発売された。
7月に発売されたオリンパスペンE−P1が欲しかったが、ファインダーが無いということでパスしていたので、外付けながらファインダーのオプション設定があるGF1を我慢することが出来なかった。私としては珍しく実機を見ないうちに注文してしまったのである。

私にとってオリンパスE−P1に対して、GF1の最大のアドバンテージは外付けのLVFである。古いレンズをいろいろ取り付けて遊びたいので、背面液晶でのマニュアルのピント合わせはつらい。やはり目をしっかり付けられるファインダーがどうしても欲しいのだ。
パナソニック純正のLVF

小型化の制約があって20万ドットなので、144万ドットだったルミックスG1に比べると、非力であるのはやむを得ないが、使ってみると意外によく見える。十分に使えると思った。背面の液晶も46万ドットとE−P1の2倍の高精細を誇り、G1と同じように非常に美しい。


1倍目 まずは純正のレンズで普通に撮ろう。

私がいま持っている純正のルミックスレンズは、LUMIX G1のキットレンズ14−4545−200の2本と、GF1のキットレンズ20mmF1.7のパンケーキレンズの合計3本である。まずはこの純正レンズの撮り心地を試してみる。


LUMIX G 20mmF1.7 ASPH.


LUMIX G 20mm F1.7
GF1と同時に発売されたパンケーキレンズ。
重量はちょうど100g。
小型のGF1には一番似合う。
LUMIX GF1+20mm
パンケーキとLVFを付けたGF1。
バッテリーやストラップ込みでも494g。
携帯性は抜群である。

(クリックすると大きくなります。)
F4.0 1/4000 iso100
高圧鉄塔
非常にシャープだ。
F8.0 1/800 iso400
万世橋
F8まで絞るとほとんどパンフォーカスだ。
F2.8 1/2500 iso100 F3.2 1/3200 iso100
コスモス2題
標準に近いので非常に素直な写真が撮れる。今日のようにピーカンだと背面の液晶で
撮影するのは非常に辛いが、LVFだとほとんどストレスが無い。これは使える。

F5.6 1/320 iso400
コキア
F8.0 1/400 iso400
黄色のコスモス
ひたち海浜公園は私の好きな撮影スポットだ。今日は真っ赤に色づいたコキアと、
薄黄色のコスモスが迎えてくれた。キバナコスモスと違って黄色でも、清楚な感じだ。


LUMIX G VARIO 14-45mmF3.5-5.6 ASPH.

Lumix G VARIO 14-45
重量は191g。
G1に付けると画角的にはちょうど良い。
非常に抜けの良い描写をする。
LUMIX GF1+14-45mm
GF1には少し大きいかな。
総重量は578g。
28mmから90mmの画角は魅力だ。

(クリックすると大きくなります。)
F5.6 1/640 iso100 14mm F5.6 1/640 iso100 14mm
F8.0 1/200 iso400 14mm F8.0 1/250 iso400 14mm

コスモス撮り比べ

コスモスを14mm端と45mm端で撮り比べた。レンズ側に手ぶれ補正があり安心だ。
少しレンズが重いかなと思うが、違和感なく使える。やはりズームは便利だ。

F7.1 1/640 iso100 45mm F6.3 1/640 iso100 45mm

LUMIX G VARIO 45−200mmF4-5.6     

Lumix G Vario 45-200
379gとかなりの重量級だ。
それでも400mmの画角は魅力である。
LUMIX GF1+14-45mm
いかにもバランスが悪い。
しかし、LVFのおかげで意外に撮りやすい。

(クリックすると大きくなります。)
F5.6 1/800 iso100
彼岸花
F9.0 1/800 iso100
白いコスモス

かなり重いレンズで、GF1とはいささかアンバランスだが、レンズ側にある手ぶれ補正
効果は非常に大きい。作例はすべて200mm端で手持ち撮影である。近接撮影時に、
オートフォーカスが少しもたつくのが気になった。

F10 1/800 iso400 F11 1/800 iso400
大きくなあれ!


1倍目まずは純正レンズで 2倍目パンケーキレンズの機能拡張 3倍目オリンパスペンFのレンズを付ける
4倍目あこがれのライカレンズ 5倍目ジャンクレンズの宝探し 番外編可愛いレンズ Cマウント

ルミックスG1でオールドレンズを楽しもう 妖しいカメラとマイクロフォーサーズの物語