35mmカメラの世界史 日独かく戦えり

日本のカメラ工業は、ドイツへの憧れから育ってきた。ライカやコンタックス、ローライやエクサクタなど名だたる名機に憧れ、いつかは同じものを造ろうと必死に取り組んだ技術者たちがいた。最初は模倣から始まったが、次第にその差は小さくなり、1960年代に入るとドイツを射程圏内に入れ、70年代には完全に逆転してしまった。

勤勉で精密加工に適した民族性、たゆまぬ原価低減努力、そしてドイツを抜き去ってからは、矢継ぎ早の技術革新で、ついに絶対的な世界王座に君臨することとなった。特に自動露出、オートフォーカス、映像のデジタル化など電子技術の果たした功績は大きい。なぜ、鉄壁を誇ったドイツのカメラ産業は敗れたのか、なぜ、日本がかくまで完全な勝利を勝ち取ることが出来たのか、歴史に学ぶとしたらどこに注目すべきであろうか。

事実を客観的につかむために、年表にまとめてみた。カメラの日独興亡史である。

(デジタルカメラは35mmカメラとは言えないが、この表では同様に扱っている。)
(生産台数はスチールカメラの台数。単位は千台)

西暦 世界  ドイツ 日本
出来事 生産台数
(千台)
出来事 生産台数
(千台)
1913 孫文、日本へ亡命
袁世凱、大総統に就任
Ur Leica
オスカーバルナック ライカの原型を造る
大正 2
1914
オーストリア皇太子夫妻、サラエボで暗殺さる。
オーストリア、セルビアに宣戦布告。

第1次世界大戦開始

ドイツ、オーストリア、トルコ対英、仏、露、伊が対立。

ドイツ、ロシアとフランスに対して宣戦布告。
イギリス、ドイツに宣戦布告。
日本、ドイツに宣戦布告。 大正3
1915
伊、オーストリアに宣戦布告

袁世凱、中国皇帝に即位
1916
袁世凱、退位。死去

ロシア、ラスプーチン暗殺

1917
ロシア2月革命
ニコライ2世退位。

アメリカ、ドイツに宣戦布告。

アラビアのロレンス、アラブを助けてトルコに反乱。

ロシア10月革命
レーニン、ロシアを制圧

ドイツ軍、Uボートでイギリス艦船を攻撃
日本光学工業設立 大正6
1918
ロシア皇帝ニコライ2世銃殺

ハプスブルグ家カール1世オーストリア皇帝を退位、亡命
第1次世界大戦終結

ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世退位。

第1次世界大戦終了。ドイツは共和制に移行

日米両軍、ウラジオストックに上陸。シベリア出兵。 大正7
1919
ヴェルサイユ条約締結

ワイマール憲法制定 大正8
1920 国際連盟成立
国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAPナチ)結成。
ジョージ・イーストマン来日 大正9
1921
ムッソリーニ、イタリア国家ファシスト党統領に就任。

コダックジャパン設立
アグファ合名会社設立
合資会社小西六本店設立
大正10
1922
ムッソリーニ イタリア王国首相に就任。ファシスト独裁始まる。

ソビエト社会主義共和国連邦成立。

大正11
1923
海軍造兵廠、光学ガラス工場を日本光学に譲渡

関東大震災

大正12
1925
Leica Ta
発想から12年目にようやくライカT型販売開始。横走り布幕フォーカルプレーンシャッター。



東京六大学リーグ結成。

石原完爾ライカを購入.。日本人初のライカオーナー。
大正14
1926 7月、蒋介石、北伐宣言
カールツアイス財団、中小のカメラ製造会社を統合し、
ツアイスイコン社設立

アサヒカメラ創刊
シュミット商店ライカ輸入を開始
昭和 1
1928
6月、蒋介石。北京入城
1929
バチカン市国成立。

10月24日ニューヨーク株式大暴落。世界大恐慌の開始
フランケ&ハイデッケ社 ローライフレックス発売
昭和 4
1930 36 5
1931
関東軍作戦主任参謀石原完爾、板垣征四郎と満州事変を起こし、満州を占領。

昭和6
1932
FED 1(ソ)
ウクライナのFEDコミューン(孤児院)で3台のライカ試作機が完成。1934年から量産開始。
Contax T Leica DU
左:ツアイスイコン社コンタックスTを発売。縦走り金属幕シャッター、距離計の基線長101.7mm。    

右:エルンストライツ社距離計内蔵ライカDU発売。距離計の基線長は38mm。
満州国建国

五・一五事件。犬養首相暗殺。
昭和 7
1933
アドルフ ヒトラー ドイツ共和国首相に就任


キャノンの前身 精機光学研究所設立
精工舎、シャッターの生産を始める。

昭和8
1934 中国共産党紅軍長征開始



パトローネ
米国コダック社パトローネ入りフィルムを発売
ヒンデンブルグ大統領死去。ヒトラー国家元首となり、ナチ党の独裁政権発足。
RETINA
イーストマンコダック社、ドイツのナーゲルを買収。
普及型35mm判レンズシャッター機レチナを発売。
シャッターはコンパー、レンズはテッサー。
名取洋之助、土門拳、亀倉雄策らと「NIPPON」を創刊


大日本セルロイド、富士写真フイルムを創立
昭和9
1935 コダック社 コダクロームカラーフィルム35mm発売

1ドル=3.5円
Contaflex
ツアイスイコン、古今東西もっとも高価な35mm判2眼レフ
Contaflexを発売。世界初のセレン電気露出計内蔵。


六桜社、日本最初の35mmフイルムさくらフイルムUSクロームR35を発売。

小原甚八、日本光学を退社。小原光学硝子を設立。

昭和10
1936
Argus(米)
大衆機アーガス発売
35mmフィルム市場拡大

Cnopm(Sport)(ソ)
世界初の35mm一眼レフはソ連製であったという。
ベルリン オリンピック開催

Contax U kine Exakta
左:ツアイスイコン社、コンタックスUVを発売
露出計付コンタックスVゾナーF1.5付は695マルク、
ライカVaズマールF2.0付は387マルクだったという。
ファインダー一体型距離計の基線長は90mm。

右:イハゲー社
キネエクサクタを発売。量産機としては世界初の35mm一眼レフ


二・二六事件。高橋是清暗殺。

コンタフレックス日本で発売。価格2,500円。当時東京で新築の家1軒が1,000円だった。


ハンザキャノン
近江屋写真用品よりハンザキャノン発売。270円。
(この年の白米10kg2円05銭から換算52万7千円)
精機光学製だが資金が足りず、問屋の力を借りた。

ライカの日本での販売価格は580円。

第一銀行の大卒初任給 70円。
154 昭和11
1937 日独伊防共協定 盧溝橋事件勃発。日中戦争。 昭和12
1938
Super Kodak(米)
世界初のシャッター優先の自動露出(AE)を実現。
ドイツ オーストリアを併合。
FUJI SP
富士35ミリフイルムSPが発売される。
昭和13
1939
Argus C3(米)
1966年まで生産されたロングセラー。Brickの愛称がある。

第2次世界大戦勃発

5月、独伊軍事同盟締結



9月、ドイツ軍ポーランドへ侵攻。
昭和14
1940
6月、ドイツ軍パリ占領
大政翼賛会創立
ラーメン16銭
218 昭和15
1941
Kodak Ektra(米)
コダックが発売した高級機
レバー巻き上げ、巻き戻し
レンジファインダー連動式

太平洋戦争始まる。
9月、ドイツ軍モスクワに侵攻 写真機の公定価格決定
マミヤシックス 248円、キャノン 480円

さくら天然色フヰルム
六桜社、最初のカラーフィルムさくら天然色フイルム発売。

12月、日本軍真珠湾攻撃
昭和16
1942 1月、ユダヤ人をアウシュビッツなどの収容所に強制収容 2月、日本軍シンガポール占領
6月、ミッドウエー海戦で日本軍敗北
9月、伊号潜水艦艦載機アメリカ本土を攻撃

昭和17
1943 3月、毛沢東、中共主席に就任

7月、ムッソリーニ失脚
9月、イタリア降伏

4月、山本五十六元帥戦死

六桜社、小西六写真工業に社名変更。

10月、学徒出陣壮行式
昭和18
1944
6月、ノルマンディー上陸作戦

7月、プレトンウッズ協定
金1オンス=35ドル


8月、パリ解放


7月、東条内閣総辞職
昭和19
1945 1月、ポーランド解放
2月、ヤルタ会談
4月、ムッソリーニ銃殺
6月、国際連合発足

第2次世界大戦終結
1月、アウシュビッツ収容所開放

4月、ヒトラー総統自殺
5月、ベルリン陥落、ドイツ無条件降伏。
米、英、仏、ソ、ドイツを分割統治 事実上、東西ドイツに分割される。


4月、沖縄戦、戦艦大和沈没

7月、ポツダム宣言
8月、原子爆弾被爆、日本ポツダム宣言受諾無条件降伏
昭和20
1946
イタリア国王ウンベルト2世廃位、イタリア共和制へ移行。

KIEV 2(ソ)

第1次ベトナム戦争勃発

東ドイツに進駐したソ連軍は、ドレスデン市のツアイスイコン社のコンタックス製造ラインを接収。ウクライナのキエフに運び、コンタックスをキエフとして製造、販売した。

ツアイスイコンの西独シュツットガルト市の工場も、ツアイスイコンとして操業を開始。東西にツアイスイコンが並立する。

イエナ市のカールツアイス本社も、東西に分裂、東はツアイスイエナを、西はオーバーコッヘン市でツアイスオプトンを名乗る。



第1次吉田内閣
日本国憲法公布

Canon S2
戦後最初の新製品。この年から社名がキャノンとなる
昭和21
1947
Duflex(Hungary)
ハンガリーのガンマ社が世界初の正立像一眼レフ「デュフレックス」を発売

激しいインフレ
終戦時1本2円41銭だった富士のブローニーフィルムが
1948年には138円と570%の値上がりを記録した。

昭和22
1948
Fed Zorki(ソ)
戦災に遭ったウクライナFEDの技術を、ロシアのKMZに移して作られたコピーライカ

大韓民国成立

朝鮮民主主義人民共和国成立
美空ひばりデビュー
ラーメン15円


Nikon 1
外観はコンタックスのコピーだが中身はライカに近い。
軍需産業だった日本光学の民生機器進出第1弾。 
昭和23
1949 人民解放軍、北京、南京制圧
中華人民共和国成立

Foca(仏)
戦時中ドイツ軍に隠れて設計された。ライカタイプのカメラ。

Rectaflex(伊)
イタリア唯一の一眼レフ。


ドイツ連邦共和国(西独)がボンに、ドイツ民主共和国(東独)がベルリンにそれぞれ政府を樹立。

Contax S
東独ツアイスイコン社 コンタックスSを発売
ペンタプリズムを使った世界初の一眼レフ
GHQ、円の固定為替レートを1ドル=360円に決定。

湯川秀樹ノーベル賞受賞




10月、アサヒカメラ復刊 
昭和17年4月から休刊していたが、7年ぶりに復刊。
320 昭和24
1950 朝鮮戦争勃発

ライフ誌のハンク ウォーカー、ダグラス ダンカン両記者がニッコールで朝鮮戦争を取材、その性能を絶賛。


第1回フォトキナ開催。

Mometta 1(Hungary)
ハンガリー製のフォーカルプレーンシャッター機。
Contax Ua Exakta Varex
左: 西独ツアイスイコン社 コンタックスUaを発売
右:東独イハゲー社 エクサクタファレックスを発売


Leica 3F Vitessa
左:エルンストライツ社 ライカ3Fを発売
右:フォクトレンダー社 蛇腹式ビテッサを発売
日本写真家協会創立。初代会長に木村伊兵衛。 193 昭和25
1951 サンフランシスコ講和会議
Prominent 35
フォクトレンダーのレンズシャッター式。レンズ交換可能。名玉ノクトン50mmF1.5が使える。上のノブでフォーカシングする独特の機構。レンズはアダプターを介してライカLマウントに装着可能
Nikon S
このモデル以前のものは、ほとんどが進駐軍のPX用に出荷されていたので、一般にはほとんど知られていなかった。このS型の発売で日本人はニコンの存在を知ったといわれる。
243 昭和26
1952
2眼レフブーム起こる。2眼レフ年間生産143,000台。

Canon 4sb
世界初のストロボ対応X接点付。倍率切り替えのついたファインダーも好評であった。
401 昭和27
1953
Zenit(ソ)
ソ連KMZ、一眼レフZenitを発売。ゼニットマウント採用。

朝鮮休戦協定

スターリン死去
CONTAFLEX
西独ツアイスイコン、世界初のレンズシャッター式一眼レフCONTAFLEXを発売。398マルク。このあとドイツでは各社からレンズシャッター式普及型一眼レフが発売された。
NHKテレビジョン放送開始

ネオパンSS
富士フイルムの高感度35mmフィルムのネオパンSS。モノクロームASA100で250円。(コダックは400円)

カメラの値段(アサヒカメラ6月号の広告から)
コンタックスUa ゾナーF1.5 202,000円
コンタックスS ビオターF3.2 150,000円
ライカ3F ズマリットF1.5 170,000円
ニコンS ニッコールF1.4 81,200円
キャノン4sb セレナーF1.8 75,000円
リコーフレックス(2眼レフ) 6,800円

第一銀行の大卒(新制)初任給5,600円。
ラーメン20円
696 昭和28
1954
ディエンビエンフー陥落
ロバート・キャパ戦場で爆死


Tri-X(米)
コダック、高感度フィルムトライXを発売。モノクロフィルムのベストセラー。
Leica M3
フォトキナにライカM3が登場。ライカ全盛時代始まる。
ズミクロン50mmF2がついて1,115マルク。
Nikon S2 Zunow 50mm F1.1
ニコンS2はニコンSの横巾が4mm短かったのを、ライカと同じ画面サイズにした。ファインダーも0.6倍から等倍になり、有効基線長も60mmと大幅に精度が向上。レバー巻き上げ、クランク巻き戻しなどはM3を凌いでいた。
ニッコールF1.4付で83,000円。
キャノン4sbはキャノンF1.5付で85,000円。

帝国光学ズノー50mmF1.1を発売。ヘキサノン、ニッコール、キャノン、フジノンなどが追随し、大口径競争が始まる。  
アサヒフレックスUB
世界初のクイックリターンミラー搭載アサヒフレックス。タクマー50mmF3.5付で14,000円。
826 昭和29
1955
ライカM3 447ドル
ニコンS2 345ドル

935
1956 フランス、ベトナムから撤退
第1次ベトナム戦争終結。

Zorki 4(ソ)
ソ連KMZ社のベストセラー
1973年まで170万台生産。
日本の35mm判カメラの生産が6×6判カメラを上回る。 1116 昭和31
1957
Retina Reflex
ドイツコダック社がレンズシャッター一眼レフ発売。
前玉交換によるレンズ交換式。588マルク。
Nikon SP PENTAX AP
左:S2を発展させパララックス自動補正のファインダーは28mmから135mmまでカバーする。シャッター幕は布からチタンに変更、レンジファインダーカメラの最高峰。

右:PENTAX AP。ペンタプリズム、クイックリターンミラーを搭載し、一眼レフの欠点を解決した。
1390 昭和32
1958 大阪国際見本市にキエフ、ゾルキー、ゼニットなど10種以上のソ連カメラが展示され、注目を集めた。

Canon VL
キャノンのV型はそれまでのライカコピーから抜け出し、大きく変貌した。デザインがシャープでモダンに変わり、レバー巻き上げ、クランク巻き戻し、広角視野を含めた3倍率ファインダー、裏蓋開閉のフィルム装填など日本のレンジファインダーカメラの頂点を極めた。8万9千円。
1266 昭和33
1959
Zoomar 36-82
米国ズーマー社、世界初のズームレンズを開発。ベッサマチックに供給。デッケルマウント

BESSAMATIC Retina Reflex S
左:フォクトレンダー、レンズシャッター式一眼レフBESSAMATICを発売。世界初のズームレンズなどデッケルマウントの交換レンズが使用可能。

右:ドイツコダックもデッケルマウントのレンズシャッター式一眼レフレチナレフレックスSを発売。
Nikon F オリンパスペン

この頃から日本の高級機は、急速に一眼レフにシフト。

オリンパスペンが大ヒットし、ハーフサイズブームが起こる

1844 昭和34
1960
Contarex 1
西独ツアイスイコン社コンタレックス1型を発売
フォーカルプレーンシャッターの本格派一眼レフ。
外光式内蔵露出計による自動絞りを装備した。
ライカM3より169マルクも高価な超高級機
2731
60年安保闘争
ラーメン35円

PENTAX SP
世界初のTTL露出計内蔵のペンタックスSPを
フォトキナで発表。発売は1964年とトプコンに遅れる。

TTL(レンズ透過光測光)技術開発競争激化

第1回カメラショー開催。1週間で13万人が入場。
土門拳 写真集「筑豊の子供たち」
1859 昭和35
1961 日本カメラの対米輸出西独を抜く ベルリンの壁構築。東西冷戦激化。 3005
Canonet パトローネ入り
左:前年のオリンパスオートアイと共にシャッター速度優先の自動露出(AE)を実現、カメラのAE化が急進展する。

右:富士フイルム、35mmフイルムをすべてパトローネ入りに。
2371 昭和36
1962 2577
日本のカメラ生産西ドイツを抜く

3123
1963
Instamatic 404
コダックインスタマチック発売

ケネディー米大統領暗殺
2473
TOPCON RE NIKKOREX Zoom 35
左:東京光学 世界初のTTL露出計内蔵トプコンREを発売。

右:日本光学、日本初のズームレンズを搭載したレンズシャッター式一眼レフを発売。ズームニッコール43−86 F3.5
4066 昭和38
1964
Leicaflex
ライカ初の一眼レフ ライカフレックス発売

東ドイツのツアイスイコンなどペンタコン人民公社に統合
3168 さくらフイルムカラーネガティブ100発売。

東海道新幹線開通

東京オリンピック開催
ラーメン50円
4567 昭和39
1965
アメリカ軍、北ベトナムへ爆撃
第2次ベトナム戦争始まる。

3943 トヨタ自動車の大卒初任給 13,950円 3916 昭和40
1966
中国文化大革命始まる


3191
OLYMPUS PEN FT
1963年発売のハーフサイズ一眼レフオリンパスPEN Fの改良型。TTL露出計を内蔵。20mmから800mmまでと、豊富な交換レンズも用意されベストセラーに。
3255 昭和41
1967
Rollei 35
フランケ&ハイデッケ社 ローライ35を発売
2605 3632 昭和42
1968 2970 4063
1969
米国AT&Tベル研究所CCDイメージセンサーを発明


紅旗(中国)
中国建国20年を記念して、江青女史が作らせたと云われるM型ライカのコピー機。生産台数200台の超レア物

西独ツアイスイコン フォクトレンダーを吸収合併。 3857 東名高速道路開通 4801 昭和44
1970
マルク切り上げ

4648 大阪万国博覧会 5813 昭和45
1971 中国、台湾に代って国連加盟。



スミソニアン合意
1ドル=360円を308円に変更
Leica M5
ライツ社最後のライカ。TTL露出計内蔵

ローライ シンガポールで生産開始   
3323
Canon F-1
キャノンがニコンに対抗して、プロ用に開発したフラグシップ機
5342 昭和46
1972 ニクソン米大統領中国を訪問
アメリカ、ドルの金リンクを停止
ニクソンショック

西独ツアイスイコン社カメラ部門から撤退

3061 沖縄返還
田中内閣成立。中国と国交回復。
5318 昭和47
1973 日本変動相場制に移行
1ドル=260円に

ベトナム和平協定
アメリカ軍ベトナムから撤退

第1次中東戦争。OPEC石油値上げ。オイルショック
Leica CL
ミノルタと技術提携しM5の普及機ライカCL発売
3685
Olympus OM-1
米谷美久氏の設計。当時としては世界最小最軽量。
6821 昭和48
1974
ライツ社をスイスの計測器メーカー ウィルド社が買収。
名門エルンストライツ社は3事業部門に分割される。

3949 消費者物価指数23%上昇。狂乱物価。 7344 昭和49
1975 サイゴン陥落。
ベトナム戦争終結
CONTAX RTS
ツアイス、ポルシェ、ヤシカが共同開発したコンタックス
生産はヤシカ、のちに京セラが担当
4127 7324 昭和50
1976 毛沢東死去

江青ら四人組逮捕。
文化大革命終結
Leica R3
ミノルタとの共同開発のライカR3発売
ポルトガル工場製だ。赤いマークにはLeitzの表示。
3472
Canon AE-1
世界初のCPU内蔵電子シャッター絞り優先AE一眼レフ
8130 昭和51
1977
Leica M4-2
ライツカナダ M4−2の生産開始
2956
コニカ C35AF Minolta XD
左:世界初オートフォーカスカメラジャスピンコニカ 
右:プログラムAEを搭載した一眼レフミノルタXD

オートフォーカス技術の開発競争開始

9670 昭和52
1978
イラン革命

3558 日本のカメラ生産1,000万台突破。 10932
1979 パフラビーイラン皇帝亡命

米中国交樹立

3776 12266
1980 4041 13987
1981 ローライのフランケ&ハイデッケ社 倒産。 3224
Sony Mavica MVC-C1
ソニー、電子式スチルカメラ マビカの試作機を発表。
電子信号をアナログ記録する点が、現代のデジタルカメラとは違っていた。市販は1988年。

15174 昭和56
1982 2092 13850
1983
LOMO LC-A(ソ)
日本のコシナCX2のコピー
ウイーンにファンクラブが結成されるなど世界中でヒット
東京ディズニーランド開園 14184 昭和58
1984
Leica M6
新生ライカ社が発表した最初のモデル。露出計内蔵
伝統あるLeitzの表示が消え、Leicaに変わっている。
昭和59
1985 ゴルバチョフ氏、ソ連共産党書記長に就任
ペレストロイカが始まる。

先進5カ国プラザ合意
急速な円高
235円が1年後には150円に
MINORTA α7000
世界初の本格オートフォーカス一眼レフα7000発売
17040 昭和60
1986
桝岡富士雄NAND型フラッシュメモリを発明。デジタルカメラ記憶メディアとして、CFカードやSDカードとして利用拡大。

Canon RC-701 写るんです
左は世界で初めて報道用に発売された電子スチルカメラ

右は富士フィルム発売のレンズ付きフィルム写るんです。 
昭和61
1987
米ハネウエル社ミノルタをAFの特許侵害で告訴

1988
Fujix DS-1P
富士フイルム、メモリーにデジタル記録する最初のデジタルカメラFujix DS-1Pを発売。
昭和63
1989 天安門事件 ベルリンの壁崩壊 

西独ツアイスイコン フィンランドのアブロイに買収される

昭和天皇崩御

消費税導入
平成 1
1990 ゴルバチョフ、ソ連大統領に就任

イラク軍クエートに侵攻
湾岸戦争勃発

東ドイツ崩壊。ドイツ再統一 

ペンタコン人民公社解散


CONTAX T2
京セラ製。高級コンパクトブームの火付け機種。
オートフォーカス、プログラムAE搭載
16955 平成2
1991

4月、湾岸戦争終わる。

8月19日、ソ連クーデター発生。ゴルバチョフ軟禁さる。

12月、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、ソ連邦を離脱


25日、ゴルバチョフ辞任。ソビエト連邦解体
平成3
1992
1993 細川内閣成立
1994
Apple Quick Take100
マッキントッシュ用に発売されたデジタルカメラ。35万画素で749ドル。コダック製。

Sandisk CompactFlash
米サンディスク社コンパクトフラッシュを発売
CONTAX G1
レンズ交換が出来るオートフォーカス機。京セラ製。
村山社会党内閣成立 平成6
1995 4月19日、1ドル79円75銭

Windows 95
マイクロソフトWindows95を発売。インターネット急速に普及。

QV10
カシオ計算機社製。デジタルカメラ最初のヒット商品。
25万画素CCD、1.8型液晶モニター搭載で6万5千円


以後は日本の独壇場となり、日本のデジタルカメラは、世界市場をほぼ独占する
11403 平成 7
1996
Leica R8 CONTAX AX
左:20年ぶりの自社開発のライカ一眼レフR8発表
いまだにマニュアルフォーカスで頑張っている。

右:京セラ製コンタックスAX
日本製だけあってフィルム面稼働のオートフォーカス。
MFレンズでもオートフォーカス可能というユニークなカメラ
RIKOH GR1
高級コンパクトカメラの代表機種。28mmのGRレンズは大好評で、ライカマウントにリメイクされたほどであった。9万円。


PawerShot600 Sony DSC-F1
左:キャノンのデジタルカメラ。57万画素で12万8千円
右:ソニーのサイバーショット初代。35万画素で8万8千円
平成8
1997
Camedia C-1400L
オリンパスのデジタル一眼レフ。2/3インチ141万画素CCD、3倍ズームレンズを搭載して12万8千円。オートフォーカス、プログラムAEと意欲作。日、米、欧で優秀賞を受賞。
平成9
1998
CONTAX Aria
MFだがプログラムAE搭載。
京セラ製コンタックスの最終モデル。
平成10
1999 12月、ロシア大統領エリツィン辞任。後任にプーチン氏を指名。
Nikon D1
ニコン最初のデジタル一眼レフ
266万画素で65万円
以下赤字はデジタルで内数

37450
5057
平成11
2000
松下電器、SDメモリーカードを発売

Canon EOS D30 IXY DIGTAL

左:キャノンの5代目デジタル一眼レフ395万画素で35万8千円。キャノン初は1995年のDCS3でコダックの130万画素CCDを搭載して198万円だった。

右:キャノンのコンパクトIXYDIGITALシリーズの第1号機
1/2.7インチ211万画素、2倍ズーム搭載で74,800円。

43000
10819
平成12
2001
アメリカWTC9.11テロ

この頃から日本のデジタルカメラの台湾生産が増大。

Lumix DMC-F7
松下電器が本格参入。ライカのレンズで200万画素。
43350
15955
2002
10ユーロ紙幣
ユーロECの統一通貨に。
Leica M7 Leica digilux1
左:ライカ初の電子シャッタープログラムAE搭載機
  日本に遅れること20年以上。それだけ頑固だったのか。

右:松下電器製コンパクトデジカメ。390万画素で899ドル。3倍ズームのズミクロン、2.5インチ液晶モニターを搭載。

日本のデジタルカメラ出荷台数が、銀塩カメラを上回る。

日本写真機工業会はカメラ映像機器工業会に組織変更


オリンパスとコダック、フォーサーズ規格を発表
43348
23365
平成14
2003
Leica D-Lux 1
パナソニックと共通ボディーのD-Luxシリーズ第1弾。
320万画素、バリオエルマリート搭載。1.5インチ液晶モニターと光学ファインダーを内蔵。
Canon EOS kiss Lumix DMC-F1
左:キャノンのデジタル普及機。630万画素で14万円
右:パナソニックのコンパクトデジカメ。ライカへOEM供給。

43801
43392
平成15
2004 コダック、35mmフィルムの欧米での生産から撤退
この頃から台湾メーカーへのOEMが次第に増加する。
オリンパス、ソニー、カシオなどが海外生産比率を高める。

59662
59404
2005 LOMO LC-A生産中止

アグファフィルムを製造していたアグファフォト倒産

京セラ コンタックス事業を打ち切る

Zeiss Ikon
カールツアイス、コシナと提携。ツアイスイコンを発売。
絞り優先AE、ライカMマウントを採用。
ペンタックス、韓国サムスン電子と一眼レフの技術提携。 63726
63576
平成17
2006
LOMO LC-A+  中国で生産再開。
LOMO LC-A+(中)

SAMSUN GX-10(韓)
韓国サムスン 
デジタル一眼レフ発売

コダック、デジタルカメラ製造から撤退

Leica M8
ライカ初の自社開発デジタルカメラ
1030万画素のCCD搭載で60万円




ニコン銀塩カメラから撤退を発表。
キャノンも銀塩カメラの新製品開発を終了。




Canon EOS kiss X
キャノンのベストセラーデジタルカメラEOSKissX
普及機だが1010万画素でレンズキット11万円
77632 平成18
2007
米国サブプライムローン破綻


コニカミノルタ、フィルム生産から撤退。百年の歴史に幕。

日本ブランドのデジタルカメラ生産台数1億台を突破
(注:海外生産分を含む)

100981
2008 9月 リーマンブラザース倒産    
 世界金融危機始まる。  
 NY株式777ドル暴落



2008年の世界のデジタルカメラ出荷台数は1億2千万台。そのうち日本ブランドは80%。生産メーカーでは台湾が50%を占める。
パナソニックとオリンパスがマイクロフォーサーズ規格発表
パナソニックはLumix G1を発売。


Nikon D700 Canon EOS5D Mk2
左:ニコンのフルサイズ1240万画素で40万円
右:キャノンのフルサイズ2110万画素で40万円

116167 平成20
2009 アメリカ、オバマ大統領就任

Leica M9
ライカのフルサイズデジタル。
1800万画素で77万7千円。
Panasonic GF1 Olympus E-P2
マイクロフォーサーズの小型ミラーレス一眼が人気に。
103040 平成21


クラシックカメラの物語

国府物語 オールドレンズを楽しむ 海中写真 妖しいカメラ ルミックスGF1を5倍楽しむ
友の輪 35mmカメラの世界史 縄文紀行 新東京紀行 私の履歴書