クラシックカメラ銘々伝
日の丸コンタックス レチナ賛歌 愛しのコニレット 孤独なライカ テッシナの秘密 ミノックス秘話 ニコン神話  I love EXA 
   

孤独なライカ

ライカと言えばバルナックライカであり、M型ライカであり、そして少し影が薄いがライカフレックスが嫡流のライカである。それらの由緒正しいライカに比べると、このCLは傍流である。非嫡出子のようになんとなく阻害されている。カメラ屋のショーウインドウに並んでいても、いつも淋しげで孤独感にあふれている。


ボディーの底蓋に目立たないが小さく刻印がある。MFD.IN JAPAN FOR LEITZ WETZLAR と。日本のミノルタ製である。といってもデザイン、設計はライツ本社であるし、レンズもあのズミクロン40mmだ。

1970年、ライツは計画していたライカM5のコンパクト版の生産拠点を求めて、機械技術のフランツ・バウワーと、光学技術のハインリッチを日本に送り込んだ。日本の技術水準を確かめるためであった。答えは「YES」だった。ライツ本社と遜色ない工作機械と、それを操るレベルの高い作業員に、二人は感動して帰国した。翌1971年、ライツとミノルタは技術提携し、1973年、日本製のライカが発売された。ライカCLの誕生である。

シャッターはライツ設計部のローゼリースが開発した縦走りのギロチンシャッターで、M5で採用したTTL測光の露出計を、CL用に設計しなおして内蔵した。1971年に発売されたライカM5は大きすぎると不評で、生産台数は3万台であったが、このCLはコンパクトで大好評を博した。一時は生産が追いつかないほどの人気で、ミノルタでは1975年までの3年間に65,000台を生産し、ライツに供給したという。


ライカCL ズミクロン40mm F2

ライカCLが私のところにやってきた。オランダのロッテルダムからである。大変大切にされていたようで、非常にきれいだ。けっして継子扱いではなかったらしい。ちょっと安心した。円高の恩恵である。

工場が何処であろうと、ライカの品質基準を満たすカメラだ。さすがと言って良い。フィルムを入れるために裏蓋を外してびっくり、フィルムを押さえる圧着板が付いている。これだけでフィルム装填が格段にしやすくなる。裏蓋を嵌める感触がまた良い。コンタックスやキエフなどの無骨な感じではない。まるで絹のように、吸い付くような感触なのだ。思わずこれがライカだなあとうなってしまう。

大幅に改善されたフィルム装填

ファインダーのブライトフレームは実に見やすい。40mm、50mmと二つのフレームがクリアーに見える。ファインダー全体で35mmの画角なのだという。特筆すべきはファインダーの中に現れる露出計だ。絞り優先で、ボディー側のシャッターダイヤルを指で回しながら適正露出を決める。これは使いやすい。

ズミクロン40mmを付けたライカCL

初めてのズミクロンだ。いままでズマール、ズマロン、エルマーと比較的安いライカレンズを使ってきたが、古希にしてようやくズミクロンを手にすることが出来た。わくわくしながら試写に出かけた。

(クリックすると大きくなります。)
ふる里の訛り懐かし 修学旅行

ユリの木 落ち葉

銀杏1 銀杏2


ライカCL カラースコパー25mm F4

ライカCLとカラースコパー25mm

フォクトレンダーのカラースコパー25mmを付けてみた。フィンダーがないので、ロシア製のターレットファインダーで間に合わせた。ちょっとアンバランス。

(クリックすると大きくなります。)
天を突く空樹 スカイツリーただいま497M


背比べ 船か住居か


ライカCL スーパーワイドヘリアー F4.5

スーパーワイドヘリアーとCL

15mmの超広角レンズ、スーパーワイドヘリアーだ。東京スカイツリーが横位置で収まってしまう。楽しいレンズだ。
(クリックすると大きくなります。)
北十間川に写る空樹 高さ比べ


クラシックカメラの物語