クラシックカメラ銘々伝
日の丸コンタックス レチナ賛歌 愛しのコニレット 孤独なライカ テッシナの秘密 ミノックス秘話 ニコン神話  I love EXA 
   

日の丸コンタックス RTSU  139Q  137MD 137MA

1972年、世界最大で最高の技術を誇ったツアイス・イコンが、カメラの生産を止めてしまった。親会社のカール・ツアイスは、自社の高級レンズを生かせるカメラの生産委託先を求めて、世界中のカメラメーカーを調査していた。最初に候補に挙がったのは、ペンタックスであった。しかし、ペンタックスは自社ブランドとの競合を恐れて、ツアイスとの提携を断ってしまう。

カール・ツアイスはヤシカに目を付けた。当時ヤシカは積極的に海外市場を開拓していた。ツアイスは特にヤシカのエレクトロ技術、傘下の富岡光学のレンズ技術を高く評価していた。1973年7月、ハンブルグにあったヤシカの現地法人Yashica Europe GmbHに、ツアイスから提携の打診があると、ヤシカの意志決定は早く、翌74年フォトキナでの発表を目標に、コンタックス再生のプロジェクトが開始された。

カメラの基本設計とレンズの設計はツアイス、ボディーデザインはポルシェ、エレクトロニクス技術と生産はヤシカが担当した。フォトキナで発表されたコンタックスRTSは、世界初の1/2000秒までの無段階電子制御フォーカルプレーンシャッター、SPDによるTTL絞り優先AE、シャッター速度はファインダー内のLEDで表示されるなど、日本の誇る最先端のエレクトロ技術を採用していた。カール・ツアイスからはプラナー、ディスタゴン、テッサー、ゾナーなどの高級レンズが供給されたほか、富岡光学にツアイスが技術指導してOEM提供されたツアイスT*レンズが豊富に供給された。

以後、30年にわたって日の丸コンタックスは、世界中のカメラマニアを魅了してきた。「ヤシカのコンタックスは増殖する。」と言われている。確かに一度その魅力に取り憑かれてしまうと、瞬く間にコレクションが増えてしまうのである。ヤシカ製コンタックスの評価は、西高東低である。欧米の市場では非常に高く評価されていて、市場価格が500ドルを切ることはほとんどない。ところが、日本ではヤシカの普及版イメージに引きずられて、1万円を下回る価格で出回ることがある。ヤシカ製コンタックスが増殖する理由である。

ツアイス・イコン製のコンタックスは「Contax」と表示されるが、ヤシカ製コンタックスは「CONTAX」と表示される。また、富岡光学製レンズは、鏡胴にmade in Japanの刻印がある。


コンタックスRTS Uクォーツ(1982)

CONTAX RTS U+Planar 50mm F1.7

1975年発売の初代RTSの改良型で、1982年の発売である。シャッター速度をクォーツ制御とし、ファインダー内にはLEDによりシャッター速度、絞り値が表示されるなど、より正確に、より使いやすくなった。発売時の価格は、プラナーF1.4付で18万1千円という超高級機であった。

(クリックすると大きくなります。)
東京駅 皇居

プラナーはカールツアイスのパウル・ルドルフが1897年に開発した。前後対称構造の銘玉で、ハッセルブラッドやローライフレックスの標準レンズとして一世を風靡した。

このレンズはプラナー50mm F1.4の普及版として販売されたが、それでも6群7枚という贅沢な構成で、プロにも評価が高いレンズである。
秋の実 白鳥


コンタックス139クォーツ(1979)

CONTAX139quartz+Planar 50mm F1.7

日の丸コンタックスシリーズで、私が一番好きなモデルがこの139である。横幅135mmというコンパクトなボディーに、クォーツ制御の電子シャッターを搭載し、TTLによるAEと、マニュアル露出を可能にしている。500gという重量は、シリーズ中最軽量である。

(クリックすると大きくなります。)
銀杏の庭 待ってよ!

秋の日だまり もみじ

CONTAX139quartz+Tessar 45mm F2.8

鏡胴がわずか28mmというパンケーキのようなテッサー45mm。3群4枚構成のおなじみのレンズだが、小柄なコンタックス139にとてもよく似合う。昔から鷹の目と言われたシャープさは、このレンズにも受け継がれて、スナップには最適なレンズである。

(クリックすると大きくなります。)
モミジ 秋のベンチ

眠り猫 ひだまり

このテッサー45mmはそのシャープさもさることながら、私が気に入っているのは類い希な透明感である。3群4枚というシンプルな構成だからだろうか、すっきりとしていて渓谷の清流を思わせる。


 CONTAX139quartz+Sonnar135mm F2.8
 
これは重量級のレンズだ。585gもある。プラナー85mmがあまりにも評判を呼んだために、その陰に隠れてしまった感がある。しかし、そこはゾナーのTスター、そんじょそこらのレンズとは訳が違う。

(クリックすると大きくなります。)
谷津バラ園 バラの憩い
バラが満開だと聞いて近くの谷津バラ園へ出かけた。小さな139にはいささか不釣り合いで、レンズが重い。しかし、この芳醇な色はツァイスレンズの真骨頂だ。

バラ バラ
このレンズの欠点は最短撮影距離が1.6mしか寄れないことだろう。バラの撮影は少し苦労する。


コンタックス137 MD クォーツ (1980)

CONTAX137MD+Distagon 35mm F2.8

1980年発売のワインダー内蔵のモデルである。ワインダー内蔵機としてはコニカFSに次いで2番目だが、サイズはRTSとほとんど同じというコンパクト設計である。単3電池4本で駆動する。絞り優先のTTL−AE機で、1秒に2駒の連続撮影が可能。実際に撮影してみると、軽いシャッターレリーズと相まって、軽快に撮影出来る。

(クリックすると大きくなります。)
秋の中山 中山の赤門

カールツアイスの広角レンズはビオゴンが有名だが、後玉が大きく張り出しているので、一眼レフにはミラーと干渉して使えなかった。そこで開発されたのが、レトロフォーカスタイプ(バックフォーカスが大きく取れる)のディスタゴンである。15mm、18mm、25mm、28mmなどが供給されたが、このディスタゴン35mmF2.8は、6群6枚構成で、最短撮影距離は40cmである。

骨董市

コンタックス 137 MA クォーツ (1982)

CONTAX 137MA+Distagon 35mm F2.8

137MDの改良型で、連続撮影が2駒/秒から3駒/秒になり、マニュアル露出が可能になった。シャッターレリーズはMDを受け継ぎ非常に軽快である。モータードライブの快適な作動音とあいまって、撮影が快調に進むので、フィルムがあっという間になくなってしまう。
(クリックすると大きくなります。)
修理の実習 三井クラブにて


六桜社跡 東京都庁

高級感があって、しかも手に入れやすく人気の日の丸コンタックスだが、弱点がひとつある。ボディーの張り革が最初はしっとりして良い感触なのだが、湿気に弱く雨や汗がついたままにされると、経年変化で革がぼろぼろになってしまうのだ。そうなるといかにもみすぼらしく見えてしまう。それを嘆くユーザーが多いのだろう。コンタックス用の張り革が販売されている。

Aki-Asahiの張り革は、RTS139137などのモデル毎にカットされていて、裏に糊もついているので、誰でも簡単に貼ることができる。リンクページの下の方に掲載されている。私も上の137MD、137MAはこの貼り革で張り替えた。色は通常の黒の他、カラフルな色が各種揃っているので、着せ替えてみるのも楽しい。



クラシックカメラの物語



ご感想などお寄せください
Email komatsu@st.rim.or.jp