クラシックカメラの物語

クラシックカメラ撮影日記 レチナ賛歌 孤独なライカ クラシックカメラの残照 35mmの二眼レフ 一眼レフの誕生


35mm判の二眼レフ AgfaOptimareflex BolseyC Tessina35

ローライフレックスを始祖とする二眼レフは、戦後の一時期、大ブームを起こしたことがある。日本でも J、U、Z以外の、全てのアルファベットを頭文字とする二眼レフが作られた。ところがそれらはほとんどがブローニーフィルムを使う6×6判で、35mmフィルムを使う二眼レフはわずかしか現れなかった。

私の記憶では、ドイツではツァイス・イコンのコンタフレックス、アグファのフレキシレッテとオプチマレフレックス、アメリカではボルシーC、イタリアではラッキーフレックス、そして日本ではヤルーレフレックス、トヨカ35、サモカフレックスのわずか8機種が挙げられるだけである。生産された台数も非常に少なく、市場では高値を呼んでいて、私にはとても手が届かない。それでも、珍品への興味は強くなるばかりで、円高を利用して少しづつ集め始めた。

元祖Rolleiflex
$450

35mm判二眼レフは数が少ないから、ここで、主な機種を紹介しておこう。オークションに出品されたものは、その時の出品価格を参考までに載せた。

Contaflex Luckyflex Toyoca 35 Samocaflex Yallureflex
$2,899 $1,900 $2,500 ¥78,000 $50,000

コンタフレックスは1935年ツァイス・イコンが作った超高級機で、1936年(昭和11年)に日本に輸入された当時の販売価格は2,500円、神田に家が1軒買えたほど高価だった。ちなみにライカは580円、ハンザキャノンは270円であった。世界初の露出計内蔵カメラでもある。

ラッキーフレックスはイタリアのG.G.S社が1948年に売り出したカメラで、ベビーローライを思わせる小型の二眼レフである。ウエストレベルで撮るので、縦位置でしか撮れない。しかし、デザインがかわいいので一度は手に入れてみたいカメラである。

トヨカ35は1955年、東京神田の東郷堂というメーカーが作った。レンズを横に並べた珍しい形のカメラである。戦前にあったメイスピーとかメイカイという同じような形の二眼レフと混同されるが、戦前のものは豊橋に疎開した工場で作られ、フィルムも専用のロールフィルムかシートフィルムを使っていた。東郷堂は鹿児島出身の長束3兄弟が作った会社で、社名は海軍の東郷平八郎元帥の名前にちなむ。山梨にも分工場があり、戦後はホビックスなどのボルタ判カメラを作っていた。

ヤルーレフレックスはアイレスカメラの前身、ヤルー光学が1949年に発売した。50台しか生産されなかったが、レンズはヘキサー50mmF3.5、シャッターはセイコーラピッド1/500がついた本格派で、海外のオークションでは500万円の高値で落札されたこともあるという。

アグファ・オプチマ レフレックス  (1962年)
Agfa Optima reflex+Color Apotar45mmF2.8
最初に手に入ったのが、アグファ社のオプチマレフレックスだ。860gとかなり重いカメラだ。見た目も異様で二つ目の奴凧のようにみえる。全自動AEカメラで、Aに合わせると自動的に露出を決める。シャッタースピードは1/30から1/250まで、絞りはF2.8からF22まで無段階で自動調節する。

Aマークの位置から反時計方向に回すと、フラッシュ同調時の絞り値が黄色地に黒字で示される。シャッタースピードは1/30に固定される。逆に時計方向に回すとバルブになる。

ファインダーは非常に明るく、ピントは合わせやすい。ファインダー左に、マジックキーと呼ばれる警告表示が出る。黒だとフィルムが巻き上げ未了、巻き上げるとになる。シャッターを押すとAE連動範囲内ならになりそのまま撮影出来る。のままだとシャッターは切れるが、露出は適正ではなくなる。

フロントのエプロンが淡いグリーンに見えるのが、印象的である。1959年に発売されたEEカメラのオプチマと、1960年発売の35mm二眼レフのフレキシレッテを合体して、ペンタプリズムをつけた珍しいカメラである。
(クリックすると大きくなります。)
ネコとカメラ おみなえし
ピント合わせは斜めのスリットが入ったスプリットイメージで合わせるのだが、慣れるまでコツがつかみにくい。ファインダーは非常に明るくて見やすいが、近距離ではついパララックスを忘れてしまうので、要注意だ。

東京大学 お茶の水
アポターというレンズは柔らかい描写をする。二眼レフなので一眼レフのようにミラーの動きがない。だからシャッターレリーズは非常に軽い。前面のレバーを下に押すとシャッターが切れるのだが、軽すぎてむしろ頼りない感触である。

白川郷1 白川郷2
色乗りも悪くはないが、少し赤みがかかる。10月の白川郷は快晴だった。色が一段と鮮やかに写った。

いずれにしてもペンタプリズムを搭載した二眼レフは、古今東西、このカメラだけであろう。それだけでも、人に見せたくなるカメラなのである。


ボルシー C (1950年)
Bolsey C+Wollensak 44mm F3.2

スイスのアルパフレックスの設計で知られる、ジャック・ボルスキーが設計したアメリカ製のカメラである。非常に小柄で可愛らしい。こんな小さなカメラを、大柄なアメリカ人が扱えたのだろうかと心配になる。

レンズはアメリカの名門ウォーレンザックの、44mmF3.2という不思議な数値のレンズが付いている。シャッターもウォーレンザック製で、T、B、10、25、50、100、200という普及型だ。ウエストレベルのファインダーとは別に、アイレベルの距離計とファインダーを装備している。

使い勝手は良いとは言えない。巻き上げはノブを引っ張り上げてから巻き上げる。これが結構やりにくい。巻き上げるとシャッターがチャージされるので、前面のレリーズレバーで切るのだが、この手応えが怪しいので、撮っていて不安になる。しかし、なんとも可愛いので手放せないでいる。
(クリックすると大きくなります。)
都庁より新宿御苑を望む 小岩のパンパスグラス
撮っている時は不安だったが、現像が上がってきてびっくりした。期待以上の写りである。手ぶれが心配だったが、意外にもしっかり撮れていた。

ネコとコンタックス ノカンゾウ
近接撮影は2フィート(60cm)まで寄れるが、パララックスに注意が必要だ。つい一眼レフのような錯覚に陥るのだ。

白川郷にて なんだこれ?
このカメラ、実に使いにくいのだが、撮れる写真は期待を大きく上回る。道行く人も「オッ!」という感じで立ち止まるし、とにかく苦労のしがいのあるカメラなのである。

テッシナ 35 (1960年)
Tessina 35+Tessinon25mm F2.8
テッシナはスイスの高級時計ローレックスの部品を作っていたConcava社が、1960年に発売した超小型カメラで、東西冷戦中でもありスパイカメラとして使われたという。
横68mm×縦52mm×高さ28mmというサイズは、35mmフィルムを使うカメラとしては世界最小である。

さすが時計工業の発達したスイスならではのカメラだ。軸受け部にはルビーが使われているともいわれ、ゼンマイで自動的にフィルムを巻き上げるメカニズムは、高級時計そのものと言って良い。クローム仕上げのほか、黒や赤、金色の外装バリエーションがある。

オリジナルのテッシナ35のほか、専用の露出計と絞りリングを連動させたテッシナL、巻き上げ機構に樹脂を使い音を静かにしたスパイ仕様(?)などがあるようだが、市場にはほとんど出てこない。。

Chrome gold red

この小さなボディーに25mm F2.8のレンズ、1/500までの本格派シャッターを搭載、さらになんとこのカメラは2眼レフなのである。アクセサリーも豊富に揃えた本格的システムカメラで、135フィルムに14×21mmの画面を写す。35mmハーフサイズ(18×24mm)より小さいが、写りはかなりレベルが高い。

ミラーにより90度反射させた像をフィルム面に写すので、左右逆像になる。左右反転させて焼き付けることになる。また、こうした機構の影響だろうか、逆光には弱い。光かぶりを起こすので要注意である。


1969年のヒッチコックのスパイ映画「トパーズ」の中で、キューバ政府の機密文書を盗撮するカメラがこのテッシナであった。

(クリックすると大きくなります。)
蔵前橋とスカイツリー 新宿モード学園
撮れた写真はハーフサイズよりまだ小さい。しかも何故か左右反対に写っている。デジタル変換で左右を反転した。無限遠はシャープとは言えないが、甘いというほどでもない。それなりに良い写真が撮れた。

掃除のお手伝い はいポーズ
上野動物園で、25mmレンズの深い焦点深度を利用したパンフォーカスでのスナップ。気づかれないので面白い写真が撮れそうだ。

欄干の猿 蓮池からスカイツリー
もともとはこんな感じに写る。縦位置なのだ。ウエストレベルで横位置にしようとすると、上下、左右が反対なのでとても撮影は出来ない。付属のスポーツファインダーが必需品となる。

マガジンにいっぱいに詰めて撮ったら、29枚撮れた。自動巻き上げのジーっという音がかなり大きいので、スパイカメラには向かなかったと思う。

テッシナの秘密

クラシックカメラの物語 クラシックカメラ撮影日記



ご感想などお寄せください
Email komatsu@st.rim.or.jp