超広角レンズの世界 レチナ賛歌 孤独なライカ クラシックカメラの残照 東京スカイツリーの成長


クラシックカメラの残照 KonicaC35 Olympus35ED MinoltaHimaticF RolleiXF35 FedMikron2

クラシックカメラの定義は難しい。ひとそれぞれに自分なりの定義がある。そしてその最大公約数はこうなる。

1.銀塩フィルム、乾板など化学的感光剤を使うこと、
2.ボディーが木や金属などプラスチック以外の素材であること、
3.全自動でないこと。

全日本クラシックカメラクラブ(AJCC)は、1965年以前に生産されたものと、これは明確な基準を作っている。

ここに1960年代の最後に現れ、1970年代に全盛を極めた特徴的な一群のカメラがある。コンパクトクラシックとでも名付けたい、私のお気に入りのカメラ群だ。AJCCの基準からははずれるが、クラシックカメラがクラシックでなくなる分水嶺のようなカメラ達を紹介しようと思う。

日本製の優れた一眼レフが世界を席巻しはじめ、クラシックカメラはその輝きを急速に失いつつあった。暮れゆく栄光の最後にぴかっと光る残照のように、この一群のカメラは現れ、そして消えていった。

金属製の小型ボディーに、明るいブライトフレームが浮き上がるファインダー、Cds露出計を内蔵して自動で適正露出が得られるなど、非常に扱いやすいカメラで、世界の主要なカメラメーカーが競って市場に投入し、膨大な数が販売された。カメラを大衆化した功績は大きいが、それだけ市場に豊富に出回っていて、中古市場ではジャンク並みの価格で売られている。

コニカ C35  (1968-1975) 

最初に現れたのがこのコニカC35である。1968年、ジャーニーコニカとして井上順のCMが流され、大ベストセラーとなった。手のひらサイズのコンパクトなデザイン、Cds露出計を内蔵し、ピント以外はすべて自動という画期的な商品であった。

コニカC35シリーズは、1975年にストロボを内蔵したピッカリコニカに主役を譲り、舞台から静かに退場した。ピッカリコニカはC35を名乗ってはいたが、ひとまわり大きくなり、ボディーもストロボ電流絶縁のためプラスチックになってしまって、クラシック感は失われた。

KONICA C35 E&L+HEXANON38mmF2.8

レンズはヘキサノン38mmF2.8、シャッターはコパルで1/650まであった。写真のカメラは1971年発売のC35E&Lで、レンジファインダーとセルフタイマーを省略した普及版である。電池は現行品のLR44が1個だから、電池の心配がないのはありがたい。重量はわずか332g。
LR44
(クリックすると大きくなります。)
モード学院 副都心にて

江戸川 正月の記憶

モニュメント 冬の子供
コパルの自動露出電子シャッターは、世界中のカメラメーカーが採用した。露出の心配から解放されると実に楽しい。今までカメラに縁がなかった人たちも、これならと言うことであっという間に広まった。ファインダーも視野が広くて、ブライトフレームがくっきりと浮き上がり、絞りとシャッタースピードを針が示す。写真の楽しさを思う存分に味わえるファインダーだ。


オリンパス 35  (1969-1979) 

ペンシリーズが売れに売れていたオリンパスも、コニカの成功に刺激され、フルサイズでペン並みの大きさのECを投入した。セイコーESPシャッターを搭載、セルフタイマーを装備し、コニカに比べて高級感で勝負した。軍艦部の縁取りが上品さを際だたせている。ペンに代わって同社の主力機種になるが、1979年ストロボ内蔵のXAにその座を譲る。

OLYMPUS 35 ED+D.ZUIKO 38mm F2.8

写真のカメラは1974年発売のEDで、連動距離計を内蔵した高級版である。シャッターはセイコーESPプログラムシャッター、レンズはDズイコー38mmF2.8。電池は現在生産されていない水銀電池NR52を2個使うのだが、現行のアルカリ電池LR44で代用がきく。重量は426g。

LR44をNR52に変換するアダプターも販売されているが、オリンパスの電池室は上から落とし込むタイプなので、アルミ箔をまるめて電池室に詰め込み、その上にLR44を乗せてやるだけでシャッターが稼働する。

(クリックすると大きくなります。)
三番瀬 新宿御苑
オリンパスブルーとでも言うのだろうか。独特の青だ。ただ、ファインダーはブライトフレームだけのシンプルなもので、絞りもシャッターもわからない。撮っていてちょっと不安になるところだ。

ネコ1 卓上ネコ
左:少しハイキーになりすぎるようだ。  右:フィルム感度を高くセットして、アンダー気味にしてみた。

葛西水族館1 葛西水族館2
シャープとは言えないが、すなおな描写だ。上の2枚もフィルム感度を高くセットして、1段アンダーにしてある。


ミノルタ ハイマチック F (1972-1974) 

1962年、米国最初の有人宇宙船フレンドシップ7のグレン中佐によって、宇宙から初めて地球の写真を撮ったのは、アンスコ・オートセットというカメラであった。日本のミノルタがアンスコにOEM提供していたミノルタ ハイマチックの別名である。

そのミノルタ ハイマチックはセレン露出計搭載のAEカメラで、露出の正確さと、ロッコールレンズの優秀さを買われて、初の宇宙カメラという栄誉を得た。

1972年、コニカ、オリンパスを追いかけるように、ミノルタは小型化したハイマチックFを市場に投入した。Cds露出計と連動したセイコーESLシャッターを搭載、1/740の高速シャッターが売り物であった。

minolta HI-MATIC F+ROKKOR 38mm F2.7

レンズはロッコール38mmで、その描写力は定評のあるところ。ファインダーは距離計連動、ブライトフレームはクリアーで非常に見やすい。ただ、シャッターや絞りの情報がわからないのは、不満が残るところだ。

電池は水銀電池NR52を2個使うタイプだが、オリンパス同様、アダプターなどでLR44が代用可能である。
下:NR52(水銀電池) 中:アダプターに入れたLR44  上:直列に重ねたLR44
ミノルタの電池室は横置きタイプなので、変換アダプターが便利だ。アダプターがない場合は、LR44を直列に重ね寸法の差はアルミ箔で埋めてセロテープなどで固定する。もう片方にはアルミ箔を丸めて接点をつないでやれば、シャッターは切れるようになる。

(クリックすると大きくなります。)
卓上のネコ 動物園にて

冬牡丹 茶店

1分咲きの白梅 紅梅と空樹

ロッコールの写りはさすがである。色が深くきれいで、立体感のある描写をする。オリンパス同様、電池の電圧のせいであろうか、少しオーバー気味になるので、フィルム感度のセットを一段高くすると適正露出になる。


日本製のコンパクト御三家を紹介してきたが、デザインの良さと高級感ではオリンパス、レンズの写りの魅力ではミノルタ、総合的な使いやすさではコニカといったところだろう。オリンパスは3機の中で一番キュートで、軍艦部の2本のラインがデザインを引き締めている。ミノルタはなんといってもロッコールの描写力だろう。間違いなく良いレンズだ。

そして、明るいファインダーの中に、シャッターと絞りの組み合わせが表示されるコニカは、デザインは地味だが、使いやすさでは群を抜いている。使う電池もLR44が1個だけだ。LR44は最近100円ショップで2個100円で手に入る。電池の心配がないだけでもコニカの得点は高い。



ローライ XF35  (1974-1981) 

日本の大成功に海外メーカーも追随する。ローライが好評だったローライ35の生産を打ち切り、XF35を投入する。シャッターは日本のコパルだし、デザインもコニカC35にそっくりなので、コニカのOEMだと噂された。しかし、ローライのシンガポール工場で作られたことは間違いなさそうだ。

Rollei XF35+Sonnar 40mm F2.3

レンズはゾナーだが、ツアイス製ではなくMade by Rolleiである。シャッターは日本のコパルの電子シャッターを組み込んでいる。電池は水銀電池のMR-9だが、現行のV625U(共栄産業)が使える。重量は450g。
V625U
(クリックすると大きくなります。)
新宿御苑 東京スカイツリー

ネコの大明神
変な狐

アニメカー1 アニメカー2

個性的だが製造コストが高く、安い日本製に太刀打ち出来なくなってきたローライ35をあきらめ、なりふり構わず投入したのがこのXF35である。レンジファインダーを搭載し、Cds露出計連動のAEシャッターを採用したが、先行する日本勢をとらえることは出来なかった。

それでも、ゾナーの写りはさすがで、色乗りは鮮やかで立体感のある素晴らしい描写をしてくれる。フォクトレンダーをツアイスイコンから譲り受けていたので、XF35とまったく同じモデルを、レンズをカラースコパーに替えて、フォクトレンダーVF135として販売した。


フェド ミクロン2  (1978-1987) 

旧ソ連のFEDもこのタイプのカメラを製造した。最初ハーフサイズのFED MICRONを出したが1978年、フルサイズ化したMICRON2を世に送った。わずかに背が高く、わずかに幅が短いので、少しずんぐりして見える。コニカに遅れること10年。西側諸国が、このタイプからほとんど手を引いてから世に送り出されたのは、閉ざされた世界の宿命でもあった。

FED Mikron2+industar81 38mm F2.8

レンズはインダスター81 38mm F2.8、シャッターは絞りと兼用の2枚羽プログラム電子シャッター。電池はV625Uを1個使う。旧ソ連のカメラにしては生産台数が少なく、市場にはあまり出てこない。重量は460g。全体の雰囲気はコニカC35に酷似している。
V625U
(クリックすると大きくなります。)
大観覧車1 大観覧車2

葛西水族館
夏のような冬の風景

葛西臨海公園 乗り合い汽車
eBayで落札したのだが、ロシアカメラの常でこのカメラも距離計がいかれている。ファインダー内の露出計の針も頼りない。不安がいっぱいで撮ったが、なかなかどうして立派なものだ。これはあたりかもしれない。インダスターというレンズも侮れない。

ライカ CL (1973-1975)

ライカCLである。もちろん紹介してきたコンパクトクラシックには該当しない高級カメラだが、雰囲気は驚くほど似かよっているので、特別参加だ。ただ、比較的後発でありながら、露出計は搭載してはいるものの、絞りにもシャッターにも連動していない。指でシャッターダイヤルを回して、露出計の指針を合わせる方式だ。

LEICA CL+SUMMICRON-C 40mm F2
ライカMマウントでレンズ交換が出来る。レンズは銘玉ズミクロン40mmが標準。電池はドイツ仕様のV625Uだが、アルカリ電池で日本でも供給されているので問題は無い。ただ、裏蓋を開けないと電池が交換出来ないのは、設計ミスだろうな。フィルムの途中で電池が無くなったら往生する。もっとも基本はマニュアルカメラだから、電池が無くても撮影は出来るのだが、せっかくの内蔵露出計が使えないのは腹が立つ。重量は513g。
V625U
(クリックすると大きくなります。)
東京スカイツリー 569M 東京スカイツリー

狐か? ネコに祈る

アニメカー1 アニメカー2

なんてたってライカだし、なんてたってズミクロンだし、良い写真が撮れて当たり前。それにしても良いなあ。撮っていて楽しいし、ライカが高いのも許せるか。しかし、ここで紹介してきたカメラ達が現役の頃は、ライカCLのお値段は彼らの10倍、今は片方はジャンク並みだから100倍ということになる。価格の差ほどアドバンテージがあるかというと、ちょっと首をかしげるのであるが。



クラシックカメラの物語