クラシックカメラ銘々伝
日の丸コンタックス レチナ賛歌 コニレットvsフジペット 孤独なライカ テッシナの秘密 ミノックス秘話 ニコン神話  I love EXA 
   

 コニレットVSフジペット    愛しのコニレット  フジペット万歳

かって小西六富士フイルムは、日本のフィルムメーカーとして常にライバル関係にあった。コダックやアグファ、フェラーニアやイルフォードなど、世界中のフィルムメーカーがそうであったように、日本のフィルムメーカー2社も、普及型のカメラを作って、自社フィルムの使用を促進しようとした。1953年に小西六がコニレットを出して大ヒットすると、フジも負けてはいないで、4年後にフジペットを出して対抗する。

愛しのコニレット

コニレットは小西六が1953年(昭和28年)に発売した初心者用のカメラで、135フィルムを使うのだが、専用のパトローネに入れて30×36の画像を撮る。非常に小型でかわいいカメラだ。最初のモデルはツートーンカラーのベークライト製で、シャッターも自社製であったが、コニレットU型になって、軍艦部を金属に代え、シャッターもコパルになるなど、一段とおとなのカメラになった。

残念なことに、コニレット専用のパトローネはほとんど市場に出回らない。それは1970年代に、小西六がコニレット専用フィルム生産中止に当たって、コニレットユーザーを救うために、コニレットとインスタマチックフィルムを使うサクラパック100との無償交換を実施したからである。相当数がこの時の無償交換によって、カメラと共にメーカーに回収され廃棄されてしまった。それで、いま、市場に出回る数が少ないのだ。

では、どうするか。コニレット愛好者達は知恵を絞った。かって小西六が販売していた「撮りっきりコニカ」というレンズ付きフィルムのパトローネを使う方法、スイスの小型カメラ「テッシナ」のパトローネを使う方法など、彼らは次々にコニレットを蘇らせる方法を考案したのである。

撮りっきりコニカとパトローネ コニレットにぴったり
かって小西六が販売していた「撮りっきりコニカ ミニ」のパトローネは、裏蓋にほんの少し干渉する。裏蓋の補強板を少し削ればコニレットにぴったり入る。私は削らずにそのまま使っているが、あまり影響はないようだ。ただ、巻き戻しが出来ない。まあ、撮り終わったらダークバッグか布団の中で、カメラを開けて巻き戻してやればいいだけだから、そう気にすることもない。DPショップに出したら、この大事なパトローネを必ず回収することを忘れないように。

 
テッシナの小型パトローネ 下部に下駄を履かせる
スイスの超小型カメラ「テッシナ」用のパトローネが使える。このパトローネは割合多く出回っていて、eBayなどで数ドルから数10ドルで容易に手に入る。ただ、7mmほど丈が短いので、発泡スチロールなどで下駄を履かせてやる必要がある。こちらも巻き戻しは、暗室かダークバッグか布団の中だ。

テッシナパトローネの豆知識
スペーサーに最適
東急ハンズで見つけた。
ブッシュゴムK-69
7mmのスペースに最適
スプールの工夫
テッシナのスプールは
図のようにフィルムを
通すと抜けなくなる
暗室いらず
専用のフィルムローダー
明るいところで作業出来る。
50ドルぐらいで買える。


コニレット T (1953年)
Konilette T+Konitor 50mm F4.5
コニレット T型は1953年(昭和28年)の発売である。ツートーンのベークライトボディーがかわいい。シャッターはKONIXでB、25、50、100、200。レンズはKonitor 50mm F4.5がついている。初心者用ではあるが、なかなか本格的な仕様である。

スイスのテッシナのパトローネが手に入ったので、使ってみた。スプールの形状が違うので、巻き戻しは出来ない。暗室かダークバッグで巻き戻す。私は風呂場を閉め切って使っている。マンションなら夜のトイレでもOKだ。このパトローネ、樹脂製だが蓋が取りやすいので、使い勝手は非常に良い。

(クリックすると大きくなります。)
30×36の画面だから、上下がパーフォレーションの孔にかかってしまう。それを考慮して構図を決めなければならない。

浅草1 浅草2
晴れた日にF11に絞って1/200で撮った。とても初心者向けカメラとは思えないシャープな写真が撮れた。周辺光量落ちがやや気になるが、十分に楽しめるカメラである。

浅草とスカイツリー 鳩とスカイツリー
東京スカイツリーは、いろいろなところから撮影出来る。場所によって表情も変わるから、被写体としては大変面白い。


コニレット U (1957年)
KoniletteU+Konitor 50mm F4.5
コニレットU型は、昭和32年(1957)の発売である。シャッターはコパルでB、25、50、100,200、レンズはコニターF4.5 50mmだ。コニターというレンズは3群3枚の本格的レンズで、写りはご覧の通り、とても当時5,500円の安物カメラとは思えない写りだ。
(クリックすると大きくなります。)
車とこども 巣鴨にて
軍艦が金属になったほか、ファインダーがT型より少し大きくなり、カウンターも数字がきちんと印字されて、見やすくなった。
ハロウィンの準備 ミッキーマウス
ファインダーには上下に薄い青色のバーが追加された。その中に納めると、24×36のライカ判として撮影が可能だ。T型に比べていくらか改善されている。

U型には撮りっきりコニカのパトローネを使ってみた。裏蓋の補強材と少し干渉するが、私のカメラにはなんとかおさまる。気にする人は少し裏蓋の補強材を削ってやればいい。ベークライトだから簡単なヤスリで削れる。

このパトローネは24枚撮りだから、うまく詰めれば24枚撮れるはずである。ただ、カウンターが12枚までしかないので、12枚まで来たら、一度1枚目に戻してやらなければならない。実際に撮ってみると、コマ間の間隔が次第に開いてしまうので、15枚ぐらいがやっとだった。


撮りっきりコニカ分解記
撮りっきりコニカミニから小型パトローネを取り出すために、カメラを分解してみた。ストロボのために高圧電流が流れるので、感電に十分注意して慎重に分解する。
撮りっきりコニカミニ 化粧紙をはがす 表蓋をはずす
今ではなかなか手に入らない貴重なカメラ。

高電圧注意のシール。


ドライバーなどで隙間から慎重にはずす。

電池を取り除く 裏蓋を外す バラバラになった
緑色のコンデンサーを引っ張ると基盤が外れるので、危険な電池を取り外す。 裏蓋を外すとパトローネが現れる。魚の3枚おろしの要領。 乾いたタオルか、軍手を用意して、感電にくれぐれも注意。


フジペット万歳
 
 Fujipet

フジペットは富士写真フイルムが1957年(昭和32年)に発売した子供向けの入門機である。当時の価格は1,950円であった。しかし、デザインは東京芸術大学の田中芳郎氏で、入門機らしからぬ洗練されたデザインが評判になった。

ブローニーフィルムを使う6×6判カメラだが、大好評を博して売れに売れたらしい。この好評に気をよくしてもう少し高学年用に、35mm判のペット35を1959年に発売する。価格は4,100円であった。この両機種はよく売れたのだが、入門機としてあまり大事に使われなかったようで、中古市場にはほとんど出回らない。

 ペット35 (1959年)
 
 Pet 35+Fujinar-K 45mm F3.5

このカメラはAJCCの先輩K氏に譲っていただいたカメラである。初代フジペットに比べて価格は2倍になったが、機能は数倍向上している。シャッターは単速から、なんとコパル製になり、B、25、50、100、200の本格派。レンズもF11の単玉から、3群3枚構成のフジナー45mmF3.5と格段の進化を遂げている。

デザインは同じ田中芳郎氏で、初代の雰囲気を上手に残している。レンズ鏡胴に出ている左右のレバーで、シャッターのチャージとレリーズをするのは初代と変わらない。この二つのレバーは、ちょうど子供が万歳をしているようでとても可愛い。

張り革はブラック、レッド、グレーなどのバリエーションが用意された。写真のカメラは上品なブルーグレーで、なかなかシックである。

 
2013年4月5日、いただいたばかりのペット35を持って、新宿御苑の名残の桜を撮りに行った。
(クリックすると大きくなります。)
新宿御苑 大島桜
ファインダーがとても明るく撮りやすい。左手でチャージ、右手でレリーズという動作も、軽快で気持ちよく撮影できる。1齣巻き上げるとストッパーがかかる。シャッターを切ったら、後ろのロック解除レバーを右にスライドさせてロックを外し、巻き上げる。

満開の一葉 関山
新宿御苑には桜の種類が多い。今年の春は早く、染井吉野は3月末には散り始めてしまったが、遅咲きの一葉、関山、八重紅しだれなどが、美しく咲き誇っていた。緑の葉がかなり濃くなった大島桜も、存在感を一段と増していた。

このカメラは目測ながら40cmまでの近接撮影が出来る。慎重にピントを合わせれば、ご覧の通り。咲き始めた関山の八重の花を、しっかりと撮ることが出来た。

八重紅しだれ 八重紅しだれ
楽羽亭という茶室の庭にある2本の八重紅しだれ。福島の三春滝桜と同じ品種の桜だ。

撮り終わったら、ロック解除レバーを右に押しながら巻き戻す。子供用にしては、左右のノブがWIND、REWINDと英語表記なのが気になる。


クラシックカメラの物語


ご感想などお寄せください
Email komatsu@st.rim.or.jp