クラシックカメラの話題集

ボルタ判であそぼ 謎のバンタム判 愛しのコニレット カメラ索引 テッシナの秘密


セミ判万歳!    
      semi Ikonta520 super Ikonta530 semi Pearl  semi Leotax semi Minolta

 120フィルムで6×4.5cmの画面を16枚撮すカメラを、日本ではセミ判カメラと呼ぶ。コンパクトなので、旅行に最適と大流行した。127フィルムで撮るベスト判(6.5×4)によく似た画面サイズだが、いまではほとんど手に入らない127フィルムに比べて、120フィルムは未だ入手が可能なので、現在も根強い人気がある。

Semi Ikonta 520 (1932年)
Ikonta 520+Novar 7.5cm F6.3

 ドイツのイカエルネマンが、大同合併して生まれた巨大なカメラメーカーのツアイス・イコンが、初めて自社設計から生み出したのが、イコンタというシリーズである。1929年に発売されてから、多くの種類のイコンタが世に送り出された。

 6×4.5cm判のイコンタは、ドイツではIkonta520、日本ではセミ・イコンタと呼ばれる。写真のカメラはシャッターがDervalで、レンズがNovar 7.5cm F6.3なので最初期型と思われるが、ファインダーにレンズが入っているので、1934年以降の生産かもしれない。

(クリックすると大きくなります。)
越前海岸 金沢駅
2017年3月の越前海岸と金沢駅の風景。キリリとして非常にシャープな写真が撮れた。

 
   
 金沢城  AJCCの仲間達

AJCCのメンバー5人で北陸を旅行した。小型のセミ・イコンタは旅行にはもってこいだ。出がけに間違って220フィルムを入れてしまい。小窓に数字が出ないと大騒ぎして、小山さんに笑われてしまった。お恥ずかしい。


 Super Ikonta 530 (1934年)
 
 Super Ikonta 530+Tessar 7cm F3.5
ドレーンカイル式連動距離計の付いたセミイコンタである。レンズはテッサー、シャッターはコンパーラピッドが付き、 型式番号も520から530に出世した。

2017年の3月24日、史生子と早春の新宿御苑を散歩。枝垂れ桜が満開であった。今年はソメイヨシノの咲くのが遅い。まだ1分咲きといったところか。

 (クリックすると大きくなります。)
 
満開の枝垂れ桜 
私の好きな枝垂れ桜。今年も美しく咲いた。このカメラはかなり年季が入っているが、なかなかどうして非常に冴えた描写だ。83才にはとても見えない。昭和世代はカメラも人間も強いなあ。

 
   
 芽吹きの柳  落羽松
日本庭園のこの時期は、柳がきれいだ。芽吹いたばかりの新芽は、爽やかで気持ちが良い。新宿御苑には珍しい落羽松がある。ヌマスギの根がニョキニョキと地上に顔を出す様子は、こびとの国に迷い込んだような、不思議な風景を見せてくれる。
 
   
 ネモフィラの丘
2017年4月28日、満開のネモフィラを撮りに、連休前のひたち海浜公園へ出掛けた。午後から空が晴れて、青空とネモフィラの素晴らしい絶景が広がった。

 
 セミ パール(1938年)
 
 Semi Pearl+Optor 75mm F4.5
 
小西六が満を持して発売したセミパール。それまで6×9判の大型のパールを出していたが、イコンタに習って小型のセミ判を開発した。独特のヘリコイドによる焦点調節を実現しているのは、単なるイコンタの物まねでは無いという意気込みだろうか。

 (クリックすると大きくなります。)
   
 浜離宮して
 
画面の上の方にかなり光線漏れがある。フィルムのせいか、カメラのせいかわからない。よく検証してみなくては。


セミ・レオタックス (1940年)
Semi Leotax+Rieze 7.5cm F3.5

コピーライカで有名なレオタックスのセミ判カメラである。昭和光学工業が生産、美篶商会が販売した。昭和15年の発売だから、私と同い年である。

(クリックすると大きくなります。)
巾着田の曼珠沙華 新宿御苑の白木蓮
2016年9月26日、AJCCの仲間と撮りに行った高麗の巾着田。その名の通り彼岸花が満開であった。右は、2017年3月10日の白木蓮。青空に映えてきれいだ。

 
   
 大寒桜 修禅寺寒桜
2017年3月10日。今年も新宿御苑の寒桜は満開だ。戦前のレオタックスだが捨てたものでは無い。

 
セミ ミノルタ P (1951年)
Semi Minolta P+Promar SU 75mm F3.5

千代田光学
のセミ判カメラである。コーナンフリッカーというシャッターで1/200まで。ボディーはダイキャストで、堅牢な作りになっている。1934年に生産が始まったセミミノルタシリーズの最終型だ。レンズのプロマーは旭光学製、シャッターは甲南カメラ製である。

   
浜離宮にて(2017.04.14)

2017年の桜は開花は早かったが、満開は遅く4月中旬まで楽しめた。
   
浜離宮にて




クラシックカメラの物語


ご感想などお寄せください
Email komatsu@st.rim.or.jp