Robot

ロボットは1932年のプロトタイプから1934年のT型を経て、1939年のU型にいたってほぼ完成した。ロボットU型は1952年まで約7万台が世に送り出された。強力なゼンマイによる自動巻き上げ機である。

ナチスドイツ空軍の制式機として、メッサーシュミットやユンカースなどの戦闘機に装備されて、多くの空中戦写真を撮影した伝説のカメラでもある。

 
 Robot U
このカメラは私が初めて手にしたロボットである。全日本クラシックカメラクラブのS氏から譲っていただいた。手のひらに入ってしまう小型機だが、ずっしりとした重量感のあるカメラである。レンズはロボット用としては非常に珍しいヘリゴン40mmだ。

レンズマウントは26mmのスクリューマウントで、ソニーEマウント用のアダプターを介してNEX−7に装着できる。NEX−7は撮像センサーが横幅が23.5mmのAPS−Cサイズである。ロボットは24mmだから、ほぼ同サイズだ。レンズの性能を最大に引き出せるはずである。

Heligon 40mm F1.9
   
Heligon 40mm F1.9+adapter Sony nex7+Heligon

ロボットの標準レンズは通常シュナイダーのクセナーか、カールツァイスのビオゴンの40mmが多いのだが、私の手元に来たロボットには、名門ローデンシュトックのヘリゴンが付いてきた。かなりの珍品である。

 (クリックすると大きくなります。)
 
モッコウバラ 谷津バラ園
発色のとても良いレンズだ。解像感も良くクリアーな写真が撮れる。

大御所 K氏
室内で開放近くで撮ってみた。周辺まで破綻の無い素直な描写だ。このレンズはクオリティーの高い描写が期待できる。

 
   
神楽坂にて 
町中の何気ないスナップでも気分の良い写真が撮れる。


Xenon 40mm F1.9 
 Sony Nex-7+Xenon 40mm F1.9
ロボットの標準レンズとしてもっともポピュラーなクセノン40mm。いつもの江戸川河川敷で、春の風景を撮影した。

(クリックすると大きくなります。)
荒川河川敷
小岩菖蒲園は花菖蒲の名所だが、5月上旬は未だ早い。それでも子供達は元気いっぱいだ。

近接撮影
春の花のアップ。F1.9と明るいので開放近くで狙ってみたが、ボケ味はいかがだろうか。

Tele-Xenar 75mm F3.8
Sony Nex-7+Tele-Xenar 75mm F3.8
ロボット用の望遠レンズ。非常に小型で細身のレンズなので、小柄なソニーによく似合う。

(クリックすると大きくなります。)
クラシックカメラの研究会
奇数月の第2土曜日はAJCC(全日本クラシックカメラクラブ)の研究会である。2015年5月の研究会は、名前がAから始まるカメラがテーマだった。アンスコ、アイレス、アーガス、アルコなどの定番から、ゼンマイ仕掛けのオートテラなど珍品カメラも多数登場した。レンズは開放にして撮ったが、良い雰囲気に撮れている。

江戸川河川敷にて
久しぶりに広がった青空。江戸川河川敷は春が一杯だ。

Xenagon 30mm F3.5
Sony Nex-7+Xenagon 30mm F3.5
クセナゴン30mm F3.5を付けてみた。小さいがかなり重い。

(クリックすると大きくなります。)
春の江戸川
40mmに比べると広々とした写真が撮れる。周辺光量がやや不足するが、解像感のある写真が撮れる。一面のシロツメクサはかなり壮観である。

ヒメジョオン キバナショウブ
近接撮影が得意なレンズだ。ボケ味も好ましい。40cm近くまで寄ることが出来る。


NEX−7編トップページ              
マイクロフォーサーズ * ライカM *  ライカL ニコンS  ヤシコン   M42  ペンタックス110

 パナソニック G1編  *   クラシックカメラの物語  *  クラシックカメラ索引
ルミックスGF1を5倍楽しむ法 妖しいカメラとマイクロフォーサーズの物語 35mmカメラの世界史

私の履歴書へ 国府物語へ 失語症のリハビリサロン 


ご感想などお寄せください
Email komatsu@st.rim.or.jp