青春の思い出の海<伊豆妻良>2005.09.10


高校時代に素潜りで潜って、海の魅力に取り憑かれた思い出の妻良で、潜った。

仲間はいつもの青木さん、元木さんに青木さんの長女絵麗奈ちゃん、損保ジャパンの森戸さん、大阪から参加の円佳(まどか)さんと、年令、業種ともに多彩な顔ぶれである。


子浦から妻良を望む
湾内は波ひとつ無く、漁船がのんびりと漂っている。


12才の絵麗奈ちゃん
ハワイ育ちのバイリンガル。英語で夢を
見るそうだ。パパは少しおなかが出てきた。
若い二人
円佳さんは名古屋の金城学院大出身。
大阪に在住。隣の男性は何?


砂地のキューセン(マリンフォト誌’06.1月号入選)
妻良の海は透明度があまり良くなかった。台風14号の影響だろうか。
海底の砂は美しい。風紋のような縞模様が印象的だ。
キューセンがひとり悠然と泳いでいた。
                        Pentax *istD DA16-45ED 16mm F8.0 1/90 ISO200


12才のアドバンスダイバー
絵麗奈ちゃんは経験30本の
アドバンスダイバーだ。
カメラ初体験
パパのカメラで海中写真初体験。
なかなか堂に入った構え。


キビナゴの群れ
光に向かって群舞するキビナゴの群れ。
                              Pentax *istD DA16-45ED 16mm F8.0 1/150  ISO200


クマノミ
身体の縞が1本のハマクマノミ、2本のクマノミ、3本のカクレクマノミがよく見られる。
一ハマ、二クマ、三カクレと覚えればいいという。これは2本だからクマノミだ。
                              Pentax *istD DA16-45ED 16mm F8.0  1/45  ISO200


光に向かって
カクレクマノミは棲み家のイソギンチャクからほとんど離れないが
クマノミは冒険心旺盛で、かなり自由に泳ぎ回る。
                             Pentax *istD DA16-45ED 16mm F8.0  1/150  ISO200


海面で泳ぐ二人 帰りのボートは気持ちよかった


円佳さん、森戸君、絵麗奈ちゃん
若い人と一緒だと、私の気持ちも若返る。
ルドファンブルー
今津屋という料理屋が経営するショップ。
名物のてこね鮨がおいしい。



*国府物語 *癌病棟からメリークリスマス *私の自分史